北京市内にある日系スーパーに行ってみた! 魅力的な「宝物」がずらり=中国

北京市内にある日系スーパーに行ってみた! 魅力的な「宝物」がずらり=中国
おいしいものがたくさんありすぎるため、日本旅行中に毎日コンビニに通ってしまうという中国人旅行者や、お土産をコンビニで調達する人も少なくない。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 日本のコンビニで販売している食べ物は、種類が多くてどれもおいしく、次々と新商品も出ている。おいしいものがたくさんありすぎるため、日本旅行中に毎日コンビニに通ってしまうという中国人旅行者や、お土産をコンビニで調達する人も少なくない。

 中国メディアの今日頭条は9日、北京にあるイトーヨーカドーを「日本の食品を輸入している北京最大のスーパー」として紹介する記事を掲載した。「日本のコンビニが大きくなった感じ」で、どれもおいしく魅力的な「宝物」が並んでいると魅力を伝えている。

 記事がまず紹介したのは「果物」だ。中国と違ってきれいに包装されていて、一人分の少量販売が多いと紹介。カットフルーツや、ネットで人気が出ているフルーツキャロットもここで手に入れられると伝えた。

 他には、日本らしさを感じる「すき焼きセット」も、必要な材料がカットされて鍋の素まで一緒にパックされていて親切な売り方だと紹介。肉も、しゃぶしゃぶ用、焼き肉用など日本人好みの切り方でパックされている。日本が好きな人にはたまらないものばかりのようだ。

 ここは「大きくなったセブン-イレブン」のようなだけあって、日本と同じくカフェコーナーがあることや日本のおでんも販売していると紹介。中国でも「関東煮」というおでんのような食べ物があるが、日本のおでんとはかなり違ったものになっている。筆者は、日本で毎朝セブン-イレブンにおでんを買いに通ったのを思い出すと懐かしがっている。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。