アマチュアからCL制覇、世界最高の左SBへ 2010年代の驚愕ストーリー

アマチュアからCL制覇、世界最高の左SBへ 2010年代の驚愕ストーリー
拡大する(全1枚)

アマチュアからCL制覇、世界最高の左SBへ 2010年代の驚...の画像はこちら >>

リヴァプールのロバートソン photo/Getty Images

誰も予想しなかった展開

プレミアリーグの苦労人と言えばレスター・シティFWジェイミー・バーディの物語も印象的だが、同じく2010年代を代表するビッグなストーリーを歩んだのがリヴァプールDFアンドリュー・ロバートソンだ。

今でこそロバートソンは世界最高クラスの左サイドバックと認められているが、2010年がスタートした頃は非常に苦しい時間を過ごしていた。

2009年にはスコットランドの名門セルティックのU-15カテゴリーを体が小さいことを理由に退団することとなり、下位リーグのクイーンズ・パークへ加入。2012-13シーズンに4部リーグよりキャリアをスタートさせたが、当時ロバートソンが世界トップレベルの選手になると信じていた人はほとんどいなかったはずだ。

英『GIVE ME SPORT』は改めてロバートソンが2010年代に歩んだ冒険はインクレディブルなものと取り上げているが、当時は240人ほどしか観衆が集まっていないスタジアムで試合をしていたこともあったという。

2012年には自身のTwitterでお金がないことを嘆くツイートもしていたのだが、しっかりとロバートソンの素質を見抜く者もいた。2013年にはスコットランドのダンディー・ユナイテッドに引き抜かれ、その翌年にはハル・シティへ。ロバートソンのキャリアは順調にステップアップしていく。

そして2017年、リヴァプール移籍が決定。移籍金は800万ポンドだったが、今から考えると超がつくバーゲン補強だ。昨季はチャンピオンズリーグ制覇も経験し、スコットランド代表では主将まで任された。

2010年の時点でこのストーリーを描くのは難しかったはずで、ロバートソンにとっては夢のような10年となったに違いない。アマチュアから世界最高クラスの左サイドバックへ。2010年代で最もサプライズな人生を歩んだサッカー選手はロバートソンかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク