2年越し“隔離なし海外旅行”の強い味方? 「ファストトラック」で帰国の羽田を超速通過体験!
拡大する(全3枚)
Large 01

新型コロナによる厳格な入国制限が解除されたことなどで、海外渡航のハードルが大きく下がった昨今。ANAのホノルル初便で、最新の日本への入国手続きを体験しました。

ANAのハワイ便は前年度とくらべ5倍近い利用者

 2022年のゴールデンウィークは、条件さえ揃えば数年ぶりに海外渡航も味わえる連休となりました。たとえばANAのハワイ便は前年度とくらべ5倍近い利用者がおり、「ピーク日ではほぼ満席のご利用を頂いた」とのこと。同社は「お客様からも『2年越しのハワイで夢のように嬉しい』といったお声を頂いています」とコメントしています。

 この要因としては、新型コロナウイルス感染拡大による厳格な入国制限が解除されたことにあります。たとえば、ワクチン3回接種証明保持者に関しては帰国後の隔離がなくなったのです。いま円滑に帰国をするには、どのような手続きが必要なのでしょうか。実際にANA便のホノルル線での帰国で体験してきました。

2年越し“隔離なし海外旅行”の強い味方? 「ファストトラック...の画像はこちら >>

ホノルルから羽田空港へむけ出発するANA便(松 稔生撮影)。

 ハワイから日本への帰国に必要なものは、日本で取得したワクチン接種証明、それと72時間以内(検体採取から搭乗予定便の出発時刻までの時間)に指定医療機関で実施した新型コロナウイルス検査の陰性証明のふたつです。

 今回は、ワイキキ中心部に設けられているANA保有のラウンジ施設「マハロ・ラウンジ」と同フロア(ワイキキ・ショッピングプラザ2階)に位置する「聖ルカ クリニック」でPCR検査を受診しました。結果は数時間後にメールで貰うことができます。


この記事の画像

「2年越し“隔離なし海外旅行”の強い味方? 「ファストトラック」で帰国の羽田を超速通過体験!」の画像1 「2年越し“隔離なし海外旅行”の強い味方? 「ファストトラック」で帰国の羽田を超速通過体験!」の画像2 「2年越し“隔離なし海外旅行”の強い味方? 「ファストトラック」で帰国の羽田を超速通過体験!」の画像3