巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

「痴漢はご乗車できません」日本と同様に深刻なフランスの迷惑行為事情

ライター情報:加藤亨延
トゥールーズ市内に貼られたキャンペーンポスター/TAO DDB (c) Joel BRECHET (Joelの「e」の文字は上にトレマ)

「痴漢はご乗車できません。作動中のカメラと係員をすべての路線に広げており、呼び出し装置は駅と地下鉄、トラムの各車両にございます」

フランス南西部にあるトゥールーズ市。同市の公共交通機関を運営するTisseo(「e」の文字は上にアクサン・テギュ)は、今年4月からセクハラおよび性的暴行に対するキャンペーンを始めた。注意喚起のアナウンスを流し、駅など各所に貼られたポスターには「痴漢は乗車するな」という文字とともに、迷惑行為をキャラクター化した醜いモンスターが描かれている。

日本と同様に、フランスでも痴漢などの迷惑行為は深刻な問題だ。トゥールーズ市のような地方都市に加え、首都パリ市でも、しばしば対策が行われている。


迷惑行為の発生を報告するアプリ


昨年末からパリ市は「ハラスメント、ストップ!」というキャンペーンを張り、「スカートはお誘いじゃない」というポスターで迷惑行為防止を訴える。
パリ市のセクハラ防止ポスター

同キャンペーンでは迷惑行為防止の啓蒙だけでなく、被害が起きた場所や状況を共有できるスマホアプリ「HandsAway」などとも提携する。

同アプリは、迷惑行為が生じた場合に、現場の位置をアプリの地図上でピン留めし「被害を受けたのか目撃したのか」「身体的な被害か言葉によるものか」「路上か公共交通機関か」を順に選び、登録できる。そして、どのようなことが起きたのか文章または直接録音して状況を記す。するとその情報がユーザーに共有され、危険な場所であるという注意喚起や、ユーザーから助けのメッセージが来る仕組みだ。
HandsAwayの操作画面。場所を選び、どのような状況だったかを順に登録していく。

関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2017年5月13日 08時00分

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    痴漢の厳罰化大賛成。性欲が我慢できずに他人の人権を無視して不幸に陥れる身勝手極まりない迷惑行為が軽いわけがない!痴漢は性犯罪です!

    2
  • 匿名さん 通報

    たとえば6両編成の電車なら、男性専用車両2、女性専用車両2、多目的車両2、というように全ての電車を3種類の車両に分けたらいいのに。そしたら痴漢も亡くなると思うよ。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!