今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

「絶対零度」上戸彩ってこんなだった?知らないキャラが謎の理由でガンガン死ぬ!だが沢村一樹で納得最終回

2018年9月11日 10時00分 ライター情報:沢野奈津夫
「絶対零度シリーズ」ファン待望の桜木泉(上戸彩)がついに登場。しかし、その桜木のキャラがなんだか違う。「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」(毎週月曜21時〜)最終話。
イラスト/Morimori no moRi

一生懸命でまっすぐ、そんな熱血キャラだった桜木が、今作ではなんだかクール。物語の謎の部分を一手に引き受けているので、ミステリアスな雰囲気が出るのは仕方ないが、あまりにも“らしさ”がない。年齢を重ねて落ち着いたのかも知れないが、視聴者が1話から疑問に思い続けて、時間が経ちすぎて慣れて忘れてしまった「絶対零度である必要性がない」ということを改めて考えてしまう。

知らないキャラが謎の理由で死ぬから脳が追いつかない


ミステリーの最終回にしては、残された謎が少なかった。大きなものでいうと、桜木のやろうとしていることと、井沢(沢村一樹)の妻と子供が殺された理由ぐらいだろう。話としては一話完結のような形だったので、最終回も事件の説明から始まる。しかし、これがやや複雑で視聴者を置いていった印象。

井沢と山内(横山裕)は、桜木が死んだとされるベトナムへと向かう。そこで桜木の友人で、元女刑事のグエン(フォンチー)と出会う。このベトナム人女性が、片言の日本語で事件のあらましをすべて教えてくれた。グエン、便利すぎて味気ない。

一年前、アサヒ証券の社員・谷口(斉藤佑介)は、その上司で支店長の相馬と、その娘で谷口の元フィアンセ由紀子(桜井ユキ)を殺そうとしていた。それを知った桜木の同僚の赤川(須田邦裕)は、谷口を阻止しようと射殺するという事件が起きていた。赤川が犯罪を未然に防いだという形なのだが、この赤川も謎の転落死をしてしまう。そして翌日、死ぬ直前に赤川と電話をしていた井沢の妻と子供も殺されてしまう。そしてその一週間後、谷口に狙われたと思われていた相馬も事故死を遂げる。

グエン、谷口、相馬、由紀子が今回初登場。赤川、井沢の妻と子供も、名前や顔は出てきてはいたが、人物像は全くわからなかった。つまり、最終回にして過去9話に出てこなかった人物で話は構成されているのだ。知らないキャラが謎の理由でガンガン死なれても、正直、脳がついていかない。

谷口について、井沢は由紀子に。そしてまたしても新登場の谷口の弟に小田切(本田翼)が聞き込み調査。これで谷口がそんなに悪い奴じゃないということがわかる。

犯罪を起こす前から桜木と赤川が動いていたことから、この事件がミハンシステムが絡んでいると井沢は推理する。

ライター情報

沢野奈津夫

サッカー、漫画、食べ物、子持ち、ブサヘア、元芸人。

URL:Twitter:@natsuo_sawano

「「絶対零度」上戸彩ってこんなだった?知らないキャラが謎の理由でガンガン死ぬ!だが沢村一樹で納得最終回」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    ドラマではなく”絶対零度”は−273.15 ℃(−459.67 °F)でそれ以上下がらない。それを転じてアイスドールみたいな感情と言われるんだろ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!