外為オンラインの評判は?自動売買iサイクル2取引のメリットを解説!
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

外為オンラインは、一般的な裁量取引に加え自動売買による取引も行えます。自動売買「iサイクル2取引」は、システムがトレンドを見極め、自動で売買を行うため、初心者でも始めやすいサービスです。

また外為オンラインでは、豊富な情報コンテンツや充実した取引ツールなど、FX上級者にとっても嬉しいサービスが用意されています。

デモトレード機能があり、やり方も極端に難しい訳ではないので、初めての人でも安心して始められるのが外為オンラインの特徴といえるでしょう。

外為オンラインは認知度の高いサービスですが、一方で「実際の評判はどうなの?」と気になる方もいるでしょう。そこで今回は外為オンラインの評判と口コミ、サービス概要や始め方について詳しく解説します。

当サイトには外為オンラインの他にも自動売買ができる会社を紹介しています、詳しくは「FX自動売買おすすめ」をチェックしてみてください!

外為オンラインとは?

外為オンラインの公式サイト

画像:外為オンライン

外為オンラインとは、株式会社外為オンラインが運営するFXの取引サービスです。業界でもトップクラスの口座開設数を誇り、20222月には64万口座に到達。2005年のサービス開始より、右肩上がりに新規口座数が増えています。サービスの基本的な概要については、以下の通りです。

外為オンラインのサービス概要

外為オンラインでは裁量取引に加え、自動売買サービス「iサイクル2取引」を利用できるのが特徴。外為オンラインによると100万円の資産で運用した場合、99%以上の取引で利益が出たとしています(※1)。まずはサービスの基本情報をみてみましょう。

(※1)公式サイト「外為オンライン」

外為オンラインの基本情報

最小取引単位

1,000通貨ペア

発注上限

500
(「L25コース」「L25Rコース」は500万通貨。ZAR/JPYは5,000万通貨まで)
(「L25 miniコース」「L25R miniコース」は50万通貨。ZAR/JPYは500万通貨まで。)

取引方法

インターネット(PCおよびスマートフォン)

取引手数料

20円(iサイクル2取引のみ)

スプレッド
※原則固定、例外あり

通貨ペアにより異なる(詳しくは取引要綱詳細を参照)

口座開設・管理費

無料

注文の種類

11種類

(成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFDO、トレール、成行+OCO、リバース(途転)、iサイクル2取引™、サイクル2取引™)

取引時間

原則として24時間

(米国サマータイム:月曜日AM7:00~土曜日AM5:55)

取り扱い通貨ペア

26通貨ペア

(米ドル/円・ユーロ/円・英ポンド/円・豪ドル/円・NZドル/円・カナダドル/円・スイスフラン/円・南アフリカランド/円・トルコリラ/円・ユーロ/豪ドル・ユーロ/カナダドル・ユーロ/スイスフラン・ユーロ/英ポンド・ユーロ/NZドル・ユーロ/米ドル・NZドル/米ドル・米ドル/カナダドル・メキシコペソ/円・英ポンド/豪ドル・英ポンド/NZドル・英ポンド/米ドル・英ポンド/スイスフラン・米ドル/スイスフラン・豪ドル/スイスフラン・豪ドル/NZドル・豪ドル/米ドル)

(参照:外為オンライン|「取引要綱」・外為オンライン|「よくあるご質問」

最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

外為オンラインの評判・口コミ

次に気になる方も多い外為オンラインの評判を見てみましょう。ネット上にはさまざまな口コミがよせられており、よくみられるものとしては以下のようなものがあります。

取引ツールが使いやすい

取引ツールが簡単で使いやすい。とくにスキャルピング(数分間だけの取引)には最適で、「成り行き」注文、決済がすばやくできます。チャートや分析ツールは使いづらいので、他社のを使いましょう。

43才・男・会社員)

(引用:外為オンラインの評判・口コミ|FXランキングより)

外為オンラインは、使いやすい取引ツールが魅力のひとつです。口コミでも上記のように、取引ツールが使いやすいという意見がよくみられます。

最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

デモトレードで練習できるので初心者でも安心

FXが出来る証券会社は数多くありますがその中でも特におすすめなのが「外為オンライン」。 少額取引対応はもちろん、無料練習できるデモトレードというツールも搭載しており、初めての人でも安心してFX取引をスタートできます。

―『はなまるFX』(@fx_info_matome

(引用:Twitterより)

FX初心者のなかには、「いきなりの実践は不安」という方もいるでしょう。外為オンラインでは、デモ口座の利用が可能。

デモトレードを利用して取引の練習ができるため、初めてFXに投資する方でも安心です。不安がある方は慣れるまでしっかりと練習して、実践に臨むとよいでしょう。

少額取引が可能なので始めやすい

【外為オンライン口コミ

最小取引単位が1000ですので、少額から始められるのがいいです。 外為オンラインは、最悪の事態となっても全額返還されるようなシステムなので安心です。 スマホも使いやすいですよ!

―やましな@FX@FX_GOGO

(引用:Twitterより)

外為オンラインの最小取引単位は1,000通貨。少額でも取引できるため、上記のように始めやすいという声もよくみられます。

スプレッドが広い

外為オンラインっていう証券会社ですがスプレッド広すぎてニュース見るのだけに使ってます

―黒猫FXCFDトレーダーhiro@FXCFD6

(引用:Twitterより)

外為オンラインのスプレッドは、米ドル/円で0.9銭です(※1)。同じ米ドル/円のスプレッドでは0.2銭などのFX会社もあるため、ユーザーのなかには不満をもつ方もいるようです。

(※1):2022年11月現在。公式サイト「スプレッド|FX(外国為替)

最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

自動取引の設定がやや複雑

FX自動売買】
外為オンラインのデモトレードを放置してみてる。
下降トレンド

買い

上昇したら

売り
になってるけど、
上昇買い トレンド転換で売り
下降売り トレンド転換で買い
を自動化したいんだよなぁ
まだまだリサーチが足りん

―まみ@ハイブリッド看護師\派遣ナース×お金×美容/(@mami_hybrid

(引用:Twitterより)

ボラティリティ方式の自動売買は戦略の幅が広がる一方で、仕組みが理解できておらず、設定に苦戦する人もいるようです。どうしても設定がうまくいかないときは、理解が進むまでランキング方式などを利用するとよいでしょう。

最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

外為オンラインのメリット

外為オンラインを利用するメリットには、以下のようなものが挙げられます。

サポート体制が整っている

為替市場は24時間動いており、想定外のトラブルが起こることもあるため、サポート体制は証券会社を選ぶうえで重要なポイント。外為オンラインでは口座開設者に限り、「Zoomオンラインサポート」を提供しています。

ZoomオンラインサポートはZoomアプリを使い、オンライン上で対面によるサポートを受けられるサービスです。ツールの操作に関する質問やチャートの分析方法をはじめ、取引に関する悩みなどを講師に質問できます。

なお、外為オンラインではメール・電話での質問も受け付けています。ただし受付時間は、AM9時~PM5時です。質問があるときは、受付時間内に行いましょう。

対面でのサポートを実施するFX会社は少ないため、慣れていない初心者には嬉しいサービスといえるでしょう。
最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

取引に活かせる有益な経済・為替情報が多数

FXで利益を上げるには相場の分析が重要となるため、日々の情報収集が欠かせません。

 外為オンラインでは、アナリストのレポートが配信されており、世界のニュースや人気トレーダーのブログ情報なども閲覧が可能。

雇用統計の発表などのように、市場に大きな影響を与える情報も事前に通知が届くため、情報の見落としも予防できるでしょう。

また定期的に実施されるセミナーでは、初心者から上級者までのレベル別に開催されているようです。初心者向けの講座であれば、為替取引の概要や詳細などを学べます。会員の方であれば無料で受講できるため気軽に参加でき、経験を積んだトレーダーの方もスキルアップを図れるでしょう。

自動売買を利用すれば初心者でも始めやすい

iサイクル2取引を利用すれば、知識がない初心者でも始めやすい点も魅力。FX取引は、売買タイミングの判断がポイントです。適切なタイミングで売買を行うことにより利益を狙いますが、タイミングを見極めるにはチャートの値動きを分析しなければなりません。

ただ知識と経験が少ない初心者は的確な分析ができず、売買のタイミングを見極めるのは難しいでしょう。「値上がりすると思って購入したら、逆に値下がりした」などはよくあることです。

 iサイクル2取引は、最初に決めたルールに沿って自動で売買を行うため、売買のタイミングを自分で図る必要がありません。

人間と違い取引を感情に左右されないのも自動売買のメリットです。初心者にありがちなポジションの持ちすぎによる損失拡大を防ぐことができます。

デモトレードを利用できる

外為オンラインでは、メールアドレスを登録するだけでデモ口座の利用が可能。デモ口座の申込画面で、「名前(フリガナ)・メールアドレス」を入力し、申込みを行うと利用ができるようになります。

一部の機能は制限されますが、実際の取引ツールを利用できるため、現金を減らすことなく慣れていけます。また仮想の資金を運用するため、実際の取引では「怖くて勇気が出ない」という手法を試してみるのもおすすめです。

デモ口座には利用期間が設けられておらず、無期限で利用可能です。
最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

外為オンラインのデメリット

外為オンラインには、デメリットも存在しています。あらかじめ把握したうえで利用しないと、「こんなはずではなかった」という事態になりかねません。利用を検討している方は、以下のデメリットについても確認しておきましょう。

スプレッドが広めに設定

外為オンラインのスプレッドは、他社と比べて広めに設定されています。以下は、主要なFX会社のスプレッドを比較したものです。

FX会社のスプレッド比較

FX会社名

米ドル

ユーロ

ポンド

SBI FXトレード

0.18銭

0.48銭

0.88銭

みんなのFX

0.2銭

0.4銭

0.8銭

LINE FX

0.2銭

0.5銭

0.7銭

GMOクリック証券
原則固定、例外あり

0.2銭

0.5銭

0.9銭

外為オンライン

0.9銭

1.9銭

3.4銭

(参照:SBI FXトレードみんなのFXGMOクリック証券LINE FX外為オンライン 2022年11月時点)

上記はよく取引される通貨ペアのスプレッドを比較したものですが、外為オンラインは広めの設定であることが分かります。スプレッドは取引ごとに発生するため、取引回数が多いほどコストが膨らんでいきます。

外為オンラインはスプレッドが広めとなるため、取引回数には注意が必要です。なお、スプレッドは原則固定とする方式が主流となっていますが、市場の動きによって変動する可能性があるため、定期的に確認するようにしましょう。

スワップポイントの水準が低め

外為オンラインは、口コミなどで「スワップポイントが低い」というコメントが、よくみられます。スワップポイントは新興国の通貨ほど水準が高い傾向にあり、南アフリカランドなどが代表的な通貨として挙げられます。

例として、外為オンライン「南アフリカランド/円」のスワップポイントは、10,000通貨あたり5円ほどです。※1一方、スワップポイントをセールスポイントにしているFX会社では、10円を超えている場合も少なくありません。※2

そのためスワップポイントの水準が高いFX会社と比べると、外為オンラインのスワップポイントは若干低めの設定といえます。

スワップポイント狙いの長期投資であれば他社を利用したほうが良いでしょう。

参考資料

(※1)外為オンライン公式サイト「取引要網詳細」2022年11月17日時点
(※2)みんなのFX公式サイト「南アフリカランド/円のチャート、今後の見通し」2022年11月17日時点

外為オンラインの「iサイクル2取引」

外為オンラインでは、自動取引システム「iサイクル2取引」が提供されています。このサービスは相場の値動きを自動追従するもので、設定した変動幅内で24時間自動取引を行うもの。

トレンドの影響により、想定していた変動幅から外れたとしても、自動で適切な変動幅へ調整をしてくれるのが特徴です。

システムの説明図

画像:外為オンライン

iサイクル2取引には、以下にある3つの取引方式が用意されています。

ランキング方式

シミュレーションで高い利益を出した注文内容をリストアップ。ランキングより自身に合った運用を選択する方式。

マトリクス方式

注文間隔を設定する方式。シミュレーション結果からiサイクル2取引™におけるさまざまな投資戦略をサポートしてくれる。

ボラティリティ方式

売りと買いの選択、変動幅と対象資産をユーザーが独自に設定する方式。

上記からユーザーが自分に合ったものを選択できます。自分で細かく設定したい方はボラティリティ方式、自信がない方や初心者であれば、ランキング方式やマトリクス方式の利用を検討するとよいでしょう。

なお、iサイクル2取引では、選択するコースによって以下の手数料が発生します。

  • mini」コース1,000通貨あたり=手数料40円(新規注文20円+決済20円)
  • mini」以外のコース10,000通貨あたり=手数料400円(新規注文200円+決済200円)

mimiコースは1千通貨から取引ができるため、FXを少額から始めたい方におすすめです。

外為オンラインのサービス概要

4つの取引コースが選べる

外為オンラインでは4つの取引コースが用意されており、「取引単位・ロスカット値・証拠金判定タイミング」が、コースごとに異なります。

コース名

ロスカット値の計算

最小取引単位

証拠金判定のタイミング

L25コース

取引証拠金×20%

10,000通貨

通常
:午前6時45分

サマータイムの適用時
:午前5時45分

L25 miniコース

1,000通貨

L25Rコース

取引証拠金×100%

10,000通貨

なし

L25R miniコース

1,000通貨

(参照:外為オンライン|「ロスカットと証拠金判定」

L25コースとL25Rコースは10,000通貨以上の取引となるため、資金にゆとりがある方向けのサービスです。少額から始めたい方はL25 miniコース、L25R miniコースの利用を検討しましょう。

証拠金判定とは?

外為オンラインではロスカットのほか、「証拠金判定」というルールが設定されています。

 定められた時刻に取引証拠金以上の残高が口座に残っていないと、自動的に強制決済されてしまうので注意が必要です。

L25コースとL25 miniコースに適用され、営業日毎のAM6時45分(サマータイム中はAM545分)に判定が行われます。

ポジションは必ず判定基準よりも多く保有しておく必要があるので注意です。
最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

充実した取引ツール

取引ツールが充実しているのも外為オンラインの魅力。取引ツール「外為オンラインFX LS」では、独自のチャート機能や特殊注文を行える機能を利用でき、以下の6種類が提供されています。

PC用 トレードツール

ダウンロード版
GaitameonlineFX

・最新技術を駆使し、使いやすさを追及した取引ツール。

・マウス操作の「ドラック&ドロップのみ」でトレードできる

・チャート上から発注・指値等の訂正も可能

HTML
GaitameonlineFX

・ソフトのインストールが不要

・ダウンロード版と同じ性能を有しており、シンプルでスピーディーな取引が可能

タブレット用 トレードツール

Android版タブレットGaitameonlineFX

・タッチパネルならではの高い操作性

・外出先でもパソコン並みの環境で取引できる

iPad
GaitameonlineFX

携帯・スマートフォン用 トレードツール

Android
GaitameonlineFX

・ワンタップ高速トレードが搭載されている

・スライドのナビゲーター操作で11種類のニュースをもとにテクニカル指標、チャートを表示

iPhone
GaitameonlineFX

(参照:外為オンライン|「 トレードツール|FX(外国為替)」)

いずれのツールも使いやすさと機能性が両立されており、スムーズに取引を行えます。

また上級者向けのコンテンツだけでなく、テクニカル指標や描写チャートには説明が記載されているため、初心者でも活用できます。

豊富な情報コンテンツ

外為オンラインは、情報コンテンツが豊富なことも特徴です。FXの勉強に役立つ初心者向けコンテンツやマーケット情報、ニュースなどが定期的に配信。ほとんどのコンテンツは公式サイト上にあり、口座開設していない人でも閲覧できるようになっています。

 分析レポートやニュースは毎日配信されるため、情報収集を目的に外為オンラインを利用する方もいるようです。ただしニュースベンダーが提供するニュースのみは会員限定となるため、会員登録していない方は利用できません。

また新型コロナウィルスが拡大する前は、FX初心者から中上級者向けのセミナーも、頻繁に開催されていました。

現在は感染拡大を防ぐために中止されていますが、代わりにYouTubeチャンネルで過去のセミナーが配信されています。
最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

【簡単4ステップ】外為オンラインの始め方

続いて利用方法を確認しておきましょう。外為オンラインを利用するには、以下の手順に沿って進めていきます。

手順1.|申し込み・必要事項の入力

外為オンラインの口座開設は、書面または公式サイトより申し込み可能です。オンラインの場合、まずは口座開設専用のぺージを開き、「個人」と「法人」のいずれかを選択します。そのあとは、以下の入力フォームへ移動し、必要な情報を入力しましょう。

口座開設の入力フォーム

(画像:外為オンライン|「入力フォーム」より)

入力項目
  • 基本情報
    :名前、性別、生年月日、住所、連絡先など
  • 勤務先情報
    :職業
  • お取引関連の情報入力
    :財務状況、投資経験、取引動機など

回答は基本的に選択方式となりますが、自身で入力する欄もあるため、誤字脱字がないように注意しましょう。

手順2.|必要書類の提出

申込フォームの入力後は、必要書類の提出を行います。外為オンラインでは、マイナンバーカードの有無によって、提出書類が異なります。

マイナンバーカードあり

マイナンバーカードのみ(他書類は不要)

マイナンバー通知カードあり

マイナンバー通知カード+本人確認書類2

上記以外

マイナンバー記載の住民票+本人確認書類1

(参照:公式サイト|「必要書類の送付について」

マイナンバーカードを利用しないときは、本人確認書類が必要となりますが、認められる書類は以下のものです。

提出できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写しまたは住民票記載事項証明書

必要書類の準備ができたら書類を提出します。提出方法は、以下の4種類から選択が可能です。

  1. スマートフォン(カメラで書類を撮影)
  2. メール
  3. FAX
  4. 郵送

スマホからの書類提出なら、最も簡単でスピーディーに口座開設ができますよ!

手順3.|審査・口座開設

書類の送付後は提出した書類に基づき、外為オンラインにて審査が行われます。審査基準については公表されていないため、詳細は不明です。審査を通過した場合、35営業日ほどで簡易書留郵便にてログインIDが送付されます。

手順4.|入金・取引スタート

口座開設が完了したら入金を行います。入金方法は、以下の2つです。

  • 通常入金
  • クイック入金

通常入金は金融機関の窓口、またはATMから専用口座に振込を行う入金方法です。Webでも振込依頼を行えますが、手数料がかかります。

クイック入金ができる金融機関一覧

クイック入金とは24時間、手数料無料ですぐに取引口座へ入金できる入金方法です。以下の金融機関で、インターネットバンキングを利用している方のみが利用できます。

クイック入金ができる金融機関一覧
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行/埼玉りそな銀行
  • 楽天銀行
  • PayPay銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 関西みらい銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • 住信SBIネット銀行

(参照:公式サイト|「クイック入金の方法」

取引口座へ入金が完了すると取引を開始できます。

最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

外為オンラインに関するよくある質問

外貨での入出金はできますか?

外為オンラインでは日本円のみの対応になっているため、外貨での入出金はできません。また入金時の手数料は、利用者が負担します。

申込から口座開設までどのくらいの時間がかかりますか?

申込フォームと本人確認書類の確認が取れ次第、35営業日ほどで口座開設手続きが完了します。

申込から口座開設までどのくらいの時間がかかりますか?

申込フォームと本人確認書類の確認が取れ次第、35営業日ほどで口座開設手続きが完了します。

手数料はかかりますか?

原則、無料です。ただし「iサイクル2取引」では10万通貨あたり、200円の手数料が発生します。手数料は新規注文と決済ごとに発生するため、1取引あたり400円かかります。

まとめ

外為オンラインは、豊富な情報と使いやすい取引ツールが魅力のFX取引サービスです。自動取引も3種類から選べるため、初心者から上級者まで幅広い層に活用しやすくなっています。また1,000通貨からの取引も可能なため、少額からFX取引をスタートしたい方にもおすすめです。

さまざまなメリットがある一方で、スプレッドが広いことやスワップポイントが低めなど、いくつかのデメリットも存在します。メリットとデメリットを考慮し、効果的な運用を行いましょう。

最大150,000円キャッシュバック!
iサイクル2取引™
公式サイトはこちら!

その他のおすすめ記事はこちら!

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事