bit

「晴れ」と「くもり」の境目ってどこにあるの?

「明日は、晴れのちくもりでしょう」天気予報でおなじみのセリフ。「晴れ」から徐々に雲が増えて「くもり」になるという予報だけれど、ここでよく考えてみよう。どういう空模様になったら、「晴れ」が「くもり」に変わったと言えるのか。

周囲に聞いてみると、「太陽が出ていれば晴れ、隠れていればくもり」という意見が多かった。しかしこれは正しくない。「晴れ」と「くもり」の境目は、空全体を覆う雲の割合で決まっている。「青空(星空)10割、雲0割」から雲がだんだん増えて、「青空2割、雲8割」になるまでは「晴れ」。「青空1割、雲9割」や「青空0割、雲10割」なら「くもり」ということに。ただし、うすぐもりの場合は「雲10割」でも、影ができるくらいの日射がありそうなら「晴れ」の予報になる。「晴れ」の範囲って、実はかなり広いのである。

しかし、青空がたった2割で「晴れ」と言っていいのだろうか。再び周囲に聞いたところ、意見は2つに割れた。「青空4割が晴れの限界」説と「青空2割でも晴れと言っていい」説である。後者の意見は、最初から正解を知っている人に多かった。だから、「青空4割が晴れの限界」というあたりが、ふつうの人の感覚なのかも。

ここで気象庁に聞いてみた。どうして「青空2割以上なら晴れ」と決めたのか。
「国際的な気象通報で、雲の量が空全体の8分の7、8分の8の場合をくもりとします。根拠は……よく分かりません。歴史的に人が感じてきたものから決まったのではないでしょうか」

米国気象局(NWS)では、「晴れ」〜「くもり」を、雲の量に応じて5段階に分けて予報している。雲の割合が8分の3〜4の場合、昼間なら“Partly Cloudy”と“Partly Sunny”のどっちを使ってもよいようで、このあたりが境目と言えそう。日本とは少し感覚が違っているようだ。

さて、いろいろ話を聞く中でこんな声があった。
「保育園の送迎に自転車を使っていて、晴れとくもりの区別には興味がない。雨が降るとか雪が降るとか、そっちの方にとても敏感」
なるほど。晴れとくもりの違いなんて、やっぱり大した話じゃないのかもしれません。
(R&S)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年2月23日のコネタ記事
「「晴れ」と「くもり」の境目ってどこにあるの?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    子供が長期休みになると休み帳や日記に天気を書かないとでいつも晴れ?曇り?と迷って適当にしていました 意外と晴れの範囲が広くて勉強になりました

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら