衣替えなどで、肌を露出する機会が減ってくる10月。それでもまだ日差しが強い日もあったりするが、日本ではすっかり長袖着用になっている頃ではないだろうか?

日本でも入れ墨タトゥーが若者のファッションに受け入れられつつあるらしいが、夏のアバンチュールのごとく、「タトゥーを入れてしまって後悔している」なんて人には肌を隠せるのでもってこいの季節かもしれない。ただ、逆に、見せたいのに露出度が低くなり、見せられないということもあるはずだ。

ハリスポールというマーケットリサーチによると、米国では少なくとも一つはタトゥーを入れている、と答えた21歳以上の大人が16%もいるという結果が出ている。年齢層では25~29歳が36%で最も多く、次いで30~39歳が28%。
地域別に見ると西海岸方面に住む人々の方の割合が多く、政治的な背景も影響しているのかどうか、共和党と民主党支持者によっての違いも現れているらしい。

数年前、シンボルマークのようなものを、腰下に入れるというのが女性の間で流行したが、実際にタトゥーを入れた同僚は「セクシーになったような気分になる」と言い、「後悔はしていない」とも話してくれた。
「きっとほとんどの人がそうだと思うけど、酔った勢いというのもあるかな」と同僚。

リサーチ結果を見ると、後悔はしていない、という人が83%。施行前と施行後では強くなったような、魅力が増したような、インテリになったような、不良になって格好いいような、そんな気がそれぞれするとポジティブな回答が見受けられた。