bit

パソコンの薄い天板は壊れやすい?

       
流行の薄いノートPCを実現している大きな要素のひとつは、天板(液晶カバー部)の薄さであろう。ところで、満員電車に乗ったとき、「カバンの中でパソコンが……」と心配になった人は多いのでは。そこで、今回は天板を中心にパソコンの薄型化の問題を考えてみる。

以前、「屋外でつながる高速無線インターネットの使い心地」で紹介のように、ノートPCを持って外出すれば、ネットで情報が速くて快適に見られるようになった。すると、つぎは「持ち運びには薄くて軽くて小さいものがよい」というニーズが強まり、超薄型モデルやネット機能に限定した低価格なミニノートPCがつきつぎ登場した。

しかし、この現象には一方でリスクがともなう。それは薄型化によって頑丈さに黄色信号が点灯しているのだ。とくに、天板の中には非常に薄いガラス板などが入っているので、薄型化し過ぎると、加圧によって液晶モニターが壊れてしまう可能性が高まる。

東芝製ノートPC『dynabook SS RXシリーズ』の場合、ボディ素材に軽くて丈夫なマグネシウム合金を使用し、強度が必要な天板中心部を厚くしている。「携帯性を考慮したデザインのノートPCでは、天板以外の多くの部分で薄くした結果、最も薄い個所で、19.5ミリを実現しました」(東芝)。

また、パナソニック製ノートPC『レッツノートシリーズ』のように、マグネシウム合金の天板を平面のまま整形するのではなく、自動車のボンネットのようにプレスラインをつけ、その凸部で強度を高めるという方法もある。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年8月27日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。