bit

80年代のアイドルが総出演する伝説のコミック【後編】

ということで、快く取材に応じてくださった奥村真理子先生は、とっても明るくて気さくな作品そのままの方でした!(【前編】より) 80年代アイドル好きのあいだでは伝説となっている「ナナちゃん」シリーズですが、どういうところからアイデアを思いつかれたのでしょう?

「私自身がもともと音楽好きでピアノや歌をやっていたこともあったのですが、当時はアイドルブームだったでしょ。実在の歌手がたくさん登場する、主人公の女の子が歌の世界に入っていくというストーリーはどうかな? と編集部に話してみたら、『それはおもしろい』ってことになったんですね。登場する人たちはみんな、当時、私が大好きだった人たち。ジャッキー・チェンとかダンプ松本さんは個人的にファンだったので登場させちゃいました」

ナナちゃん他、マンガのキャラクターと違って、実在する芸能人の方々はちゃんとリアルタッチで描きわけられているのが衝撃的でした。

「そうそう、それはわざとそうしたのね。ただ、大変だったのは、連載当時からコミックスになるまでに1~2年とか時間が経ってしまうでしょう。その時には、すっかり髪型が変わってしまってる芸能人も多くて。特にチェッカーズのフミヤ君なんかはデビュー当時とすっかり髪型が変わってしまっていたので、全部描き直したり、ということもありました」

なるほど、そんなご苦労があったんですね。当時の読者の反応はどんな感じだったのでしょうか?

「反響は良いのも悪いのも両方ありましたが、それも含めて楽しんで描いていましたね。たとえば、『似てない』とか『これ、誰かわからない』とか(笑)。良いほうのは、『歌の道にすすみたい』というお手紙をくれた女の子もいました」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク