review

大学にゾンビの講義登場! 一度死んだらアメリカにいきたい

大学にゾンビの講義登場! 一度死んだらアメリカにいきたい
ゾンビ授業の講師、Arnold Blumberg さんが共著で出した「ZOMBIEMANIA」。日本だとゾンビ映画の紹介だけ集めた本が少なくて、こういう本が出てるだけでもうらやましい。
「2010年夏、ゾンビは一般教養になった」
と書いたけど、ゾンビ先進国のアメリカ合衆国では既に大学の授業にもなっていた。

今回ゾンビの授業が始まったのはメリーランド州のボルチモア大学で、講座名は「Media ganre : Zombie」。ゾンビがいつのまにかメディアの一ジャンルになっている!気になる授業の内容は、16個のゾンビ映画やマンガ(ゾンビがサメと戦うイタリアのカルト映画「Zombi 2」 も含む、と書いてある)を観て、期末には自分で考えたゾンビ映画のシナリオを出す。夢のような講義だ。しかもボルチモア大学だけではなく、他に3つほどゾンビの授業を持つ大学がある。

大学に授業があるだけでもすごいが、ニュースでの取り上げられ方もすごい。ボルチモア大学の授業を知ったのは日本語のニュースだったが、元を調べてみたら、ワシントンポストAOLBBCABCとそうそうたるニュースサイトで取り上げられている。タイトルも「ゾンビがバルチモア大学のカリキュラムに忍び寄る(THE BALTIBORE SUN)」
「ゾンビがバルチモア大学のカリキュラムを乗っ取った(BBC)」などノリノリ。

記事の内容も濃い。たとえばワシントンポストのWEB版は 5000 文字、2 ページ に渡って「28日後…」「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ドーン・オブ・ザ・デッド」「ゾンビランド」「プライドと偏見とゾンビ」を引き合いに出しつつ、人種差別を示唆するヴードゥー系~ヴェトナム戦争を彷彿とさせるロメロ系~9.11以降の細菌テロを思い出させるウィルス系に至るゾンビの変遷、2007年からゾンビの授業を始めたコロンビア大学の先生のコメントまでカバーして読み応えはバツグン。(ワシントンポストといえば全米第5位の発行部数。日本の第5位は日本経済新聞だから、つまり日経 WEB 版がゾンビについてがっつり二ページの記事を書いているかんじになる。すごい。)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2010年9月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら