bit

工事現場の「合図はパー、返事はグー」って?

       
東京・山手通りの工事現場の交差点で、ちょっと風変わりな看板を見つけた。

「合図はパー 返事はグー」

何の合図だろう? とりあえず「パー」をやってみたが、返事の「グー」はどこにも見当たらない……。
すると、小4の娘が「たぶん工事現場の作業員さん同士の合図なんじゃない?」と言う。

これ、どういう合図とどういう返事なのだろうか。工事を執り行っている戸田建設に聞いてみた。
「この合図は『グーパー運動』というもので、弊社だけでなく、建設現場において一般的にやっているもののようです。現場の中の作業員同士のコミュニケーションとして、行われているんですよ」(広報課)

パーとグーというと、ジャンケンのようだが、いったいどんなコミュニケーションなのだろうか。
「建設現場には重機がありますが、重機周辺に作業員が近づくと危険だということから、近づきたい場合に、オペレーターに対して『止まって!』という意味で『パー』を出します。それを確認したオペレーターがOKであれば、『了解』という意味で『グー』を出すという約束です。安全確認のための『グーパー運動』なんですよ」
もともと建設現場や工事現場、特に重機周辺では騒音があり、声が届かないことから、ジェスチャーでコミュニケーションをとることになったのが「グーパー運動」だそうだ。

ちなみに、「パー」「グー」はあっても、チョキはない。また、ジャンケンにおいては「グーパーチョキ」「グーとパー」など、「パー」より「グー」が先に言われることが多い気がするけど、「パーで合図、グーで返事」にはちゃんと意味があるらしい。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年12月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。