review

凶刃に倒れし鬼畜を乗せた『村崎百郎の本』という棺

凶刃に倒れし鬼畜を乗せた『村崎百郎の本』という棺
京極夏彦、今野裕一、切通理作、宇川直宏、根本敬などなど、錚々たるメンバーが証言を寄せている。なかでもシベリア高校で同級生だったという京極夏彦氏のインタビューは必読。
フリーライターの村崎百郎氏が、今年の7月23日、自宅を訊ねてきた自称読者だという男に刺殺された。村崎百郎とは、紫色の頭巾をかぶった巨漢の怪人で、他人様のゴミを漁ってプライバシーを暴いたり、社会の常識に唾を吐きかけるような文章をひたすら書き続けてきた、電波系鬼畜ライターだ。

デビュー以来一貫して「自分は狂人だ」と宣言し続けていた村崎氏だったが、その文章は一見暴力的でありながら、実はすべての人間が胸に秘めている闇を抉り出していて痛快だった。ときには、暴言の裏に社会の行く末を案じる様子を感じさせることさえあった。本人が自身を「狂人だ」と称するのを否定するつもりはないが、そこにある狂気は、世間一般が定義しているものとは少し違っていた。

狂気などというものは、本当は誰の心の中にもある。ただ、みんなそのことに気がついていないだけだ。そのことに気がついたなら、あとは、自分でコントロール出来るか、出来ないか、そのどちらかでしかない。もちろん村崎氏は、自分の中にある狂気に意識的であり、なおかつそれをコントロールできる人間だった。紫頭巾はそのための装置だった。

本書は、村崎氏によるいくつかの代表的な原稿を再録しつつ、生前に交流のあった作家や編集者たちによる証言をまとめたものだ。これによって、村崎百郎(黒田一郎)という人物がどういう人生を歩んできたのかが、浮き彫りにされている。ひとりの人間の人生を1冊の本にすべて納めるのは不可能だろうけれど、それでも村崎百郎がこの世に残してきた足跡は、370ページの中にかなり詰め込まれている。彼を思い、彼を振り返るには、これ以上ないほどの資料だろう。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2010年12月27日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース