bit

あの偉大な哲学者が腕時計に!?

「神は死んだ」「永遠回帰」といった言葉がとっても印象的な19世紀ドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェ。それがなんと、腕時計になっていた! 早速この哲学者を腕に巻いてみることにした。

筆者の高校時代の「倫理」教科書にも載っていたニーチェ。昨年、『超訳 ニーチェの言葉』(訳・白取春彦)がベストセラーになったことはまだ記憶に新しい。どんな哲学者なのか簡単には説明できないが、それまでの多くの哲学者と異なり「文学的な表現で哲学するのが得意」といえるかも。

「人間的、あまりに人間的」「悦ばしき知識」「ツァラトゥストラはこう言った」「この人を見よ」など、彼の著作のタイトルからして、とても文学的な薫りがする。ちなみに、他のドイツの近代哲学者の著作名は、「純粋理性批判」(カント)、「精神現象学」(ヘーゲル)、「意志と表象としての世界」(ショーペンハウアー)といった感じ。ニーチェとは正反対に、いかにも難しそうで哲学書っぽいでしょ? 興味ある人は読み比べてみてください。

さて、ニーチェの腕時計とはどんなものか。腕に巻いてみると、ニーチェの重々しい思想とは反対に、軽~い付け心地。シルバーのつや消しボディとブラックのベルト、デザイン的にはとてもシンプルなカジュアル腕時計といったところ。

この『ニーチェ腕時計』は米国の会社、THE UNEMPLOYED PHILOSOPHERS GUILDの企画品。直訳すると、「失業した哲学者たちの組合」、社名からしてジョークである。同社では腕時計以外にも、著名人をモデルにした指人形などさまざまなグッズを扱っている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク