review

なぜある! 円周率しか書いてない本

なぜある! 円周率しか書いてない本
目を閉じて、適当なページを開いて、鉛筆を表の上に突き立てれば乱数表として使えるヨ! という愉快な使い方も提案されている。心底どうでもいい。だがそれがいい。
長野県飯田市で食品会社に勤める近藤茂さん(55)が、昨年8月に円周率5兆桁を計算をしたという記録が、このほどギネスブックに登録された。

円周率5兆けた計算、ギネスも認めた 長野の会社員

そのニュースが巷に流れた2011年2月13日の13時、わたしはまったく偶然にお茶の水駅前の丸善書店で、風変わりな本を手にしていた。それが『π 円周率1,000,000桁表』だ。

真っ白に墨一色で巨大なパイが書かれた表紙。巨大なパイ……。フーターズ好きの心にピクリと来るものがあるが、もちろんここでは関係ない。パイの下にはタイトル「円周率1,000,000桁表」とあり、これが本書のすべてを言い表している。まさか? まさか円周率100万桁が、ただ印刷されているだけの本……?

その通りなのだ。お馴染みの3.1415から始って、926535897932384626433832795028841971……と書き写していけばいくらでも原稿を埋めることが出来るのだが、とにかく、めくれどめくれど数字(円周率)だけがズラズラズラーッと、この本には印刷されている。円周率に関する豆知識とか、計算プログラムの開発秘話とか、そういう余計なコラムは一切ない。本当に数字だけ。この潔さには惚れ惚れしてしまう。

一般の出版企画ではまず通らないであろうこの企画を世に送り出したアッパレな人は、牧野貴樹さん(著者)と、同人集合・暗黒通信団(発行所)だ。内容的にも、表紙デザイン的にも、発行所的にも、おそらく自費出版なのだろうと思うのだが、裏表紙を見るとちゃんと書籍コードを取得している。実際、丸善書店で平積みされていたわけだし、Amazonでも取り扱っている立派なもんだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2011年2月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース