review

被災地で人気漫画家たちが体験授業!〈岩手漫画家応援ツアー同行レポートpart1〉

被災地で人気漫画家たちが体験授業!〈岩手漫画家応援ツアー同行レポートpart1〉
参加メンバー全員による「直筆寄せ描きTシャツ」
5月26日から28日までの三日間にわたって、「岩手漫画家応援ツアー」なる計画が実行された。これは、しりあがり寿が発起人となり、市川ラク、寺田克也、三宅乱丈、安田弘之、安永知澄、吉田戦車(五十音順、敬称略)といった漫画家たちが集まり、このたびの震災で大きな被害を受けた岩手県を応援しようというものだ。

この三日間に彼らが岩手でおこなったイベントは、次の3つ。
 1.釜石市立釜石東中学校での漫画体験授業
 2.箱崎半島での瓦礫撤去ボランティア
 3.盛岡MOSS前広場でのチャリティサイン会
このツアーに、わたしもスタッフとして同行してきたので、そのレポートをお送りする。まずは1日目から。


■釜石東中学校での漫画体験授業

朝10時、ツアーの参加メンバーがJR盛岡駅に集合した。少々風は強いものの天気は快晴。駅から外へ出てみると、目の前に広がっていたのは、ごく普通の地方都市の風景だった。盛岡は海岸線からは約70キロもはなれているため、津波の被害がないのは当然として、地震で壊れた建物もとくには見当たらない。出発前には「いよいよ被災地に足を踏み入れるぞ」という気持ちでいたものだから、なんだか拍子抜けしてしまう。

今回のツアーは、漫画家さん7人の他に、その関係スタッフや現地でのコーディネートをしてくれるNPO(SAVE IWATE)の方々など総勢14名での移動となる。そのため、駅前のレンタカーで2台のワンボックスカーを借りる。まずはこれで初日の目的地である釜石東中学校へ向かうのだ。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース