review

「オブ・ザ・デッド」はゾンビのしるし!『オブザデッド・マニアックス』

「オブ・ザ・デッド」はゾンビのしるし!『オブザデッド・マニアックス』
『オブザデッド・マニアックス』大樹連司/小学館
次の単語の共通点はなんでしょうか?

ダンス、エンド、シティ、ハウス、ダイアリー、ハイスクール、サバイバル、ショーン、ドーン、奥ノ細道。

正解は、後ろに「オブ・ザ・デッド」を付けるとゾンビの映画かマンガか小説のタイトルになること。「オブ・ザ・デッド」ってつけておけば何でもゾンビになるのか? その通り。「オブ・ザ・デッド」はゾンビの印。もし「ゾンビ映画のタイトルをひとつ言ってみろ」と言われたら、一番最初に浮かんだ英単語の後ろに「オブ・ザ・デッド」ってつけておけばおおよそ間違いない。それをアタマに冠したのが『オブザデッド・マニアックス』で、名前の通りゾンビ映画のマニア(作中では”ゾンビ者”と呼ばれている)たちがゾンビあふれる孤島でサバイバルする話だ。

主人公の安東丈二はゾンビ映画大好きな高校生で、クラスに馴染めずいつもひとりぼっち。本土から南に数百キロ離れたリゾート地、綾浪島で開催される夏期合宿に強引に連れてこられたけど、冷房の効いたセミナーハウスで『映画秘宝』のゾンビ映画特集号をめくっている。そこに響きわたる悲鳴。気がつくと動く屍体が孤島を埋め尽くしつつあった……!

映画「ゾンビランド」では小心な主人公が「念の為に二度撃ち」「他人と親しくならない」等のルールで「倒したと思って油断してやられる」「仲間割れでやられる」というゾンビ映画のお約束を潰しまくっていったけど、「オブザデッド・マニアックス」では主人公がゾンビ者なので逆に自分からお約束の展開に身を投じていく。だってそうじゃないと、ゾンビ映画で培ったシミュレーションが活きないからね! そして「ゾンビの本場といったら」とショッピングモールに行ったら、「あら、だって、ゾンビと言ったらショッピングモールじゃない」というもう一人のゾンビ者(黒髪の美少女!)が、既にバリケードで要塞を作り上げていたりする。みんな考えることは同じなのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2011年7月19日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース