bit

雑学風味にハマる、人気の「チズミルク」とは

雑学風味にハマる、人気の「チズミルク」とは
シンプルさが楽しい「チズミルク」(税込1470円)
大人から子どもまで多くの人がハマる「チズミルク」って知ってます?

牛乳パックタイプの真っ赤なパッケージに入った「チズミルク」。もちろん、本物のミルクではない。“チズ”とは“地図”のこと。実はこれ、47都道府県がそのままピースになったパズルなのだ。

「大人でも都道府県がよくわかっていない人って多いよね?」
という事実に着目し、2009年に株式会社アイアップが発売。大人でも楽しく日本地図の知識を身につけられるモノをつくりたい! という思いが開発のきっかけになったそう。

地図のパズル自体はほかにもあるが、ユニークな外観に加えて、意外なご当地ネタや名産情報が満載の「地図カルタ」がセットになっているのも特長。パズルとカルタで遊ぶうちに、自然と47都道府県の位置と話題が頭にはいってくる仕組みだ。

日本地図なら完璧という人には、世界地図バージョン「世界のチズミルク」もある。こちらは世界の国々がピースになっており、難易度も一気にアップ(※ピースにできないほど小さな国はいくつかまとめてあるので全78ピース)。もちろん、各国のおもしろネタをそろえたカルタも付いている。
「ぜひ挑戦していただき、世界を飲み干した気になっていただきたいです。達成感、知識、ともにワールドワイドになること間違いなしです!」
とは同社の担当者の弁。

もともとは大人がターゲットだったが、夏休みの自由研究などに使う子どもも多く、幅広い層から人気を集めているそう。いまやミルクシリーズは全7種にまで増え、なかには星座をかたどった「ホシミルク」なんてものも。ほかにも、立体ペーパーパズルの「どうぶつミルク」「日本の昔ばなしミルク」、道路標識をゲームにした「コーツーミルク」などすこし趣の違うパズルも登場。ちなみに、シリーズの一番人気はやはり「チズミルク」とのこと。

ゲームとして何度も味わってもいいし、とくに立体ペーパーパズルなら飾る楽しみも大きい。
「大人から子供まで、人気の“雑学”風味に仕上げたミルクです。ぜひパズルだけでなくカルタとして、もうひとつの味も堪能してください」
商品は全国の雑貨店や玩具専門店などで販売中だ。

同シリーズの別名は“あたまのカルシウムトイ”。たまにはこんなミルクでカルシウム補給してみては?
(古屋江美子)

あわせて読みたい

  • リニューアルした伊能忠敬の万歩計

    リニューアルした伊能忠敬の万歩計

  • 北海道を中心とした日本地図

    北海道を中心とした日本地図

  • コネタの記事をもっと見る 2011年9月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース