review

知っていますか? たった三年間のプロ野球チーム『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』

北海道日本ハムファイターズの来季監督として、栗山英樹の就任がほぼ確実視されている。とはいえ、かつてヤクルトスワローズの選手だった栗山は、21年前に現役引退して以来コーチを務めたこともなくもっぱら解説者・スポーツキャスターとして活動してきた。だから、彼がプロ野球選手だったことを、ひょっとすると平成生まれの若い世代なんかは知らないんじゃなかろうか。

昭和生まれの自分から見て、いまの平成生まれにとっての栗山に近い存在というと、佐々木信也が思い浮かぶ。ちょうどわたしの生まれた1976年からフジテレビで放映のはじまった「プロ野球ニュース」で長らくキャスターを務めた佐々木は、笑顔と肯定的な語り口、それでいてよく聞くと辛辣な発言も多いことから「プロ野球マスコミ界の淀川長治」とも呼ばれた(玉木正之『プロ野球大事典』)。しかし、彼が元プロ野球選手だったことを知る人は、放映開始当初ですら少なかったのではなかろうか。

とはいえ、佐々木の現役時代の成績とくらべたら栗山がちょっとかわいそうにもなるのだけれども(笑)……なにしろ、プロ入り1年目にして全試合フルイニング出場を果たし、かつ180本ものヒットを打った。前者の記録を達成したのは日本球界ではほかに1958年の長嶋茂雄のみ、新人による180本安打記録にいたってはいまだ破られていない(ちなみに阪神タイガースのマートンが記録した今シーズンのセ・リーグの最多安打も180本だった)。当然、新人王も獲得しているものと思いきや、西鉄(現・埼玉西武)ライオンズの投手・稲尾和久にさらわれている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク