bit

東京スカイツリー型LEDライトの明るさを試す

東京スカイツリー型LEDライトの明るさを試す
『東京スカイツリー公認LEDミニランタンチェーン』(ストラップヤネクスト販売)。
       
東京にもさきごろ雪が降り、厳しい寒さが続いて、身も心も冷え切った今日この頃。寒いと人生暗く考えがちになってしまう私だが、そんなときは心の中で「もっと光を!」と文豪ゲーテの言葉をつぶやいてみたりする。
「希望の明るい光は何処?」
そこで、少しでも明るくなるために、東京スカイツリー型LEDライトはいかがだろう。

キーホルダーなどに付けて携帯できるアイテム『東京スカイツリー公認LEDミニランタンチェーン』(ストラップヤネクスト販売)がそれ。本物に比べて随分と可愛らしいサイズだが、暗がりになると結構役に立つ。日亜化学製の高輝度LEDが搭載されており、本体を捻ると眩しい光を発して、手元を照らしてくれるのだ。

第一印象派は塔というよりハードロックの名盤「レッド・ツェッペリン IV」の裏ジャケットにある老人が手に持ったランタンみたいである。それでも東京スカイツリーになるべく似せるため、足部分の模様などディテールに気を使ってデザインしてあるようだ。構造的には裏にリチウムボタン電池を入れ、本体とライト部分の継ぎ目のところを左に捻ると点灯、右に捻るとオフとなる仕組み。先端に付いた取り付け金具はカラビナフック仕様で、簡単にキーホルダーリングに取り付け可能。

さて、現物をお借りして試してみた。夜、暗いところで困るのはたとえば自転車のカギ穴が見つけにくいこと。さらに、夜たくさん並んだ自転車の中から自分のものを見つけ出すのも一苦労。つい最近もなかなか見つからなくて、泣きそうになった。その意味でもライトは大事である。なので、早速マイ自転車のキー部分を同製品を使って照らしてみた。すると、思った以上に明るく、役に立った。迷わずキーを穴に挿入できたのだ。また、暗い廊下で足元を照らしつつ、玄関のドアを開け、電灯のスイッチを見つけることもできた。これもかなり助かる。

小さいながらも、明るさはなかなか信頼できるという感想。ただ、数メートル先を見通せるくらいの光の強さがあればなお良かったのだが。

5月22日、いよいよ東京スカイツリーがグランドオープンする。その一足先に明るくて役に立つミニチュアを持って、夜、スカイツリー界隈を散策してはどうか。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年1月31日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。