review

1コマ目、闇。次のコマも闇。そして、小さな光。3秒のミステリ、サッカー界の陰謀を描く漫画『3秒』

1コマ目、闇。次のコマも闇。そして、小さな光。3秒のミステリ、サッカー界の陰謀を描く漫画『3秒』
マルク=アントワーヌ・マチュー『3秒』 光のズームで展開する眩暈のバンドデシネ、大傑作です。
マルク=アントワーヌ・マチュー『3秒』

今年読んだマンガの中で最大の衝撃だった。

1コマ目、闇。次のコマも闇。そして、小さな光。
じょじょに大きくなる光。
窓。
窓に近づく→窓の向こうに男の顔→男の顔→もっと男の顔に近づく→男の顔→顔面→眼のまわり→眼→もっと眼→虹彩と黒目→黒目→もっと黒目→黒目に映るスマートフォン(男がスマートフォンを手に持って観ているのだ)→もっと黒目の中のスマートフォンに接近→スマートフォンの画面→画面、メッセージ受信のマーク→もっとスマートフォンに近づく→スマートフォンのカメラレンズ→カメラレンズに映るスマートフォンを持つ男(さっきの男だ)→もっと近づいて男の顔→男の後ろにピストルを構えている男が!→もっと近づくとその後ろに鏡→男の肩とピストルと鏡→鏡には、ふたりの男の背中(もちろん最初の男とピストルを構える男だ)→!→!→!→!→!→!→!
というふうに、まったくセリフなしで、正方形の本に3×3、9コマのモノクロのグラフィックがずらーっとならぶ。
視点は、光だ。
67ページ、全603コマで、ものすごいスピードで光のカメラが直進し、反射する。
光のラインに従って、高速のズームで、接近する。
反射するたびに視点が反転し、眩暈おぼえる映像を、読者は自らスピード調整しながら読み進めていく。
死角で見えなかったモノが見え、関連性が判明する。別の視点から見える事象は、さっきまでの想像を裏切る。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2012年3月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース