bit

ハンガリーで愛される胃腸薬にもなる酒

ハンガリーで愛される胃腸薬にもなる酒
ハーブ由来のリキュールだけに味も独特。
ハンガリーには体に良いお酒が存在する。その名もウニクム。数十種類のハーブを混ぜて造られたアルコール分42度のリキュールだ。ハンガリー国内では有名な銘柄のひとつで、胃腸の調子を整え健康増進させるという。首都ブダペストにある、ウニクムを製造するツバック社のビジターセンターへ行ってきた。

「ウニクムの歴史は、1790年にハプスブルグ家の家臣であったツバック家が、皇帝ヨーゼフ2世の健康のため醸造、献上したことにはじまります。共産党政権時代に工場は国営化されましたが、現在は再びツバック家が経営しています」(同センター)

ウニクムはハンガリー語で「ユニーク」という意味で、皇帝ヨーゼフ2世がウニクムを飲んだときそう感想を言ったことに由来するそうだ。ちなみにヨーゼフ2世は、フランスに嫁いだマリー・アントワネットの兄にあたる。

ビジターセンターの見学は3部構成。ウニクムに関する映像の上映と博物館、試飲からなる。博物館内には、歴史的な品々から最近の製品にいたるまでウニクムとツバック家に関するものが展示され、現在に至るウニクムの歴史を知れる。また館内上方には、世界中から集めたリキュールのコレクションも所狭しに並べられている。中には日本のメーカーが製造するウィスキーもあった。バーになっている試飲スペースでは、それぞれ個性が異なる3種類のリキュールを試せる。どのアルコールも度数が高く、お酒に弱い人は酔っぱらってしまう。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年5月2日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース