bit

仏大統領も食べているパリで一番おいしいパン

仏大統領も食べているパリで一番おいしいパン
左から順に1〜5位の店のバゲット(トラディション)。
5日、パリ・バゲットコンクールが開かれ、市内18区にあるパン屋、セバスチャン・モウヴューが今年度のグランプリに輝いた。バゲットコンクールとは、どこのパン屋のバゲット(棒状の堅焼きフランスパン)が最もおいしいかを決める催しのこと。バゲットの中でも「トラディション」という種類を対象に審査される。今回で18回を迎えた同コンクールは、パリに1220軒あるパン屋の中から168軒がエントリーした。1位のパン屋には4000ユーロの賞金と大統領官邸エリゼ宮に1年間パンを納品できる権利が与えられる。

トラディションの製造方法は、デクレと呼ばれるフランスの行政命令(日本でいう政令)により規定されており、小麦粉、水、イースト、塩のみで作られる。添加物はソラマメ粉2%、大豆粉0.5%、小麦麦芽粉0.3%の範囲であれば許される。なお、コンクールでは各バゲットの長さが55〜65cm、重さが250〜300gの間で定められている。

グランプリを獲得した店のバゲットはどのような味なのだろうか? 早速訪れてみた。

1位の店、セバスチャン・モウヴューは市内北部18区にある。この辺りはパリでも庶民的な地域。店内の雰囲気も親しみやすさが漂う。地域の人気店らしく客もひっきりなしに入っていた。店に到着した時は、すでにトラディションは売り切れていて、次のものが出来上がるまで30分ほど待たねばならなかった。

さてバゲットの味はというと、外皮の香ばしさとは対照的に、中はふんわりもっちりとした絶妙の弾力が特徴的。噛んだ時に舌の上でにじむバゲット特有のうま味と、それら食感が見事に調和している。バゲットと一口に言っても、それぞれの店舗によってかなり味は変わる。そのため個人で好き不好きが分かれる場合も多い。しかし実際2位から5位までの店も訪れてトラディションを食べてみたが、この店のものはそれらの中で比べても特に印象的だった。もちろん2位以下も実力派ぞろいだ。2位のラウル・マデールは2002年に同コンクール1位を獲得、5位のアルノー・デルモンテルも2007年に1位に選ばれている。

あわせて読みたい

  • パリで話題のパン自販機、今月末で営業終了か

    パリで話題のパン自販機、今月末で営業終了か

  • なぜボルドーワインはこれほど有名なのか?

    なぜボルドーワインはこれほど有名なのか?

  • コネタの記事をもっと見る 2012年5月14日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース