review

名古屋発、羊の皮をかぶったテレビ局「メ~テレ」50周年本のやりたい放題

名古屋発、羊の皮をかぶったテレビ局「メ~テレ」50周年本のやりたい放題
ASAHI ORIGINAL『メ~テレ本』朝日新聞出版<br />「メ~テレ」こと名古屋テレビの開局50周年を記念して刊行されたムック。そのマスコットキャラのモチーフとなった羊と狼がさまざまな切り口からとりあげられている(もちろん、羊肉=ラム肉のおいしい店の紹介もあり)。巻頭のエッセイには高村薫、橋本治、内田樹、福岡伸一らが寄稿している。表紙にはくだんのキャラ「ウルフィ」が登場。その毛皮の部分にはモコモコした素材が使われ、最初は真っ白だが、月日が経つと本物の羊の毛と同じくまるで汚れているかのように変化するという。
名古屋テレビというテレビ局がある。文字どおり名古屋市に所在し、愛知・岐阜・三重の東海三県を放送エリアとしている。ある世代以上のアニメファンなら東海三県出身・在住でなくても、「機動戦士ガンダム」などサンライズのアニメの製作に名前を連ねていたことから名古屋テレビを記憶している人も結構いるのではないだろうか。

その名古屋テレビは2003年より「メ~テレ」という愛称を採用している。ただ、新聞のテレビ欄にも「メ~テレ」と書かれているのには、さすがにまだ違和感を抱くのはわたしだけだろうか。まあ、名古屋の人間は名古屋駅を「メ~エキ」、名古屋大学を「メ~ダイ」と呼んでいるのだから、名古屋テレビが「メ~テレ」でも何もおかしいことはあれせんのだが……おっと、つい名古屋弁が出てまった。

その名古屋テレビというかメ~テレが今年で開局50周年を迎えたという。これを記念して『メ~テレ本』という本が出たというので(テレビでCMも流されていた)、さっそく買ってきた。朝日新聞出版から出たのは、同局がテレビ朝日の系列ということを考えると納得がゆく(余談ながら、同じく名古屋の民放であるCBCラジオの人気番組「つボイノリオの聞けば聞くほど」が書籍化されたときは、同局がTBS系列にあるにもかかわらずなぜかフジサンケイグループの扶桑社からの刊行だった)。

しかしその内容はといえば、わたしが想像していたのとはかなり違った。この手の本というと、会社の歴史や番組制作の裏話がたくさん載っているに違いない……と思いきや、『メ~テレ本』にはそういうことはまったく出てこないのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2012年10月11日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース