bit

毛深い人が好き!? フランス人のエロティズム事情

毛深い人が好き!? フランス人のエロティズム事情
エロティズム美術館内には世界各国から集めた作品が並んでいる。
エロティズムとは人類が持つ永遠のテーマの一つだ。今までの多くの人々がそれを求め、悩み、数多の芸術が生み出された。現在、世界に冠たる性産業先進国の日本とエロティズム芸術の宝庫フランスでは、その内容にどのような違いがあるのだろうか。パリにあるエロティズム美術館で日仏の違いについて聞いた。

「日本の性文化は非常に大衆的で街中にあふれています。一方でフランスのものはとても個人的です。フランスの性文化は17世紀から19世紀に開花しましたが、今街中では文学や映画の中に残っているにすぎません。それら作品中で描かれる性文化は、主人公が弁護士や医者など上流階級でシックなものばかり。日本の大衆さと大きく異なる点です 」(同館ディレクター・ジョー氏)

なぜフランスの性文化は街中から消えたのだろうか。

「女優ブリジット・バルドーに代表される1950年代、フランスのエロティズムは強烈でした。しかしそれ以降、(もちろんキリスト教的にタブーという理由も一貫してありますが)女性が社会的に解放されるに従い、少しずつ街中から表面的にエロティズムは消えました。また第2次大戦後、様々な文化的背景の人々がフランス社会に混ざるにつれて、以前からあった性に対する価値観が変わりました。しかし街中のエロティズムは消えましたが、現在の方がLBGTなどフランス人の性に対する感情は寛容になりました。一方で、街中に性文化があふれていた以前は、それらに関する価値観は肯定的ではありませんでした」(同)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月15日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。