bit

気が遠くなるほど超細密な“塩アート”の世界

       
入り組んだ迷路のような緻密な模様。巨大なレース編みのような渦巻き。手でつまめそうな立体感のある桜の花びら。写真を遠目に見るとそんな風に見えるが、これらはすべて1人の人間の手によって作られた、塩を使ったアート作品だ。

去年の秋、海外事情を伝えるサイトでは“日本人芸術家が作る塩を使った精緻なアートがスゴい!”というのが話題になっていた。ロサンゼルスで行われた展覧会を見た人たちが「人間の作ったものとは思えない細かさ」「どれだけの忍耐力が必要なのか」と、一様に驚きのコメントを寄せていた。日本人芸術家の名前は山本基さん。塩を使って空間を演出する“インスタレーション”形式の作品を数多く手がけていて、テレビなどでも紹介されているので見たことのある人も多いのではないだろうか。

広島に生まれ育ち、一度造船所に勤めてから美大へ進んだという山本さん。作品制作を続けるなかで、1994年に妹さんが24歳の若さで脳腫瘍で亡くなったことがこの“塩アート”に強く結びついているのだという。

「妹が亡くなったことは、僕にとってもショッキングなできことでした。すごく仲がよかったし、自分の一番の理解者でもありましたし。彼女が病気になってから亡くなるまでの過程で自分なりにいろいろ考えることがあって……。その、厳しいけれども避けることができない現実と向き合うために、人が死ぬということの周りにあるいろんなできことを作品のテーマにしようと考えたんです。その一つに“お葬式”があって、作品に使う素材を考えたときに、お清めに使う塩はどうだろう?と、最初は割と気軽な感じで始めたんですよ」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月5日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。