bit

フリーのライターになるなら、注意したい「お金」の問題

フリーのライターになるなら、注意したい「お金」の問題
お金のこと、きちんと聞けますか、言えますか?(写真はイメージです)
2時間ドラマなんかでは、スクープを嗅ぎまわり、挙句、殺されて山中に埋められたりしがちな「フリーライター」。
実際には事件やスクープを追うフリーランスのライターは、ごくわずかしかいないし、一部の羽振りの良い美容ライターや医療系ライターを除くと、小さな仕事を、地道に、かなりの数こなしている人が圧倒的多数だと思う。
それは地味ながら、幸せな生き方だとも思う。
だが、もし「フリーランスのライターになりたい」と親しい友人や身内が言ったら、勧めない人も多いだろう。特に注意が必要なのは、「お金」にまつわる問題だ。

出版社の場合は、雑誌や書籍が出た翌月、翌々月末などにギャラが振り込まれることが多いため、「お金が入るまで時間がかかる」ことは比較的知られているが、その他に、同業者からよく聞く注意点をご紹介したい。

●「金額」は提示されない場合も多い
○広告系やウェブ系の仕事の場合は、単価を事前に提示され、請求書を発行する場合が多いが、出版社の場合は「金額を詳らかにしない」というヘンな風習がある。
「振り込まれて初めて金額がわかることもけっこうある。その場合、合計額から頁単価を計算してみるしかない」
○明細を発行しない会社もけっこうある。
「同じ出版社内の複数媒体で仕事していたり、同じ雑誌内の複数企画を手掛けていたりすると、どれがいくらかわからず、場合によっては忘れられている仕事もあったりする」

●ときには立て替えた経費のほうが、ギャラよりも高くなる

あわせて読みたい

  • カメラマンの黒い服着用率が高い理由って?~カメラマンあるある~

    カメラマンの黒い服着用率が高い理由って?~カメラマンあるある~

  • 猟師になるにはどうしたらいい?

    猟師になるにはどうしたらいい?

  • 応募条件に“セクシーであること” 看護師業界の求人&転職事情

    応募条件に“セクシーであること” 看護師業界の求人&転職事情

  • 「エビデンサー」の需要は増えているの?

    「エビデンサー」の需要は増えているの?

  • コネタの記事をもっと見る 2013年5月21日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース