review

リアル貴族作家が描いた貴族とメイドと執事がいる世界『エドワーディアンズ 英国貴族の日々』

お手紙拝読いたしました。

「貴族とメイドと執事がいる世界に憧れます。身分社会をあつかったコンテンツが大好きなのです」

たしかに21世紀に入って日本では、ウッドハウスの『ジーヴズ』シリーズが国書刊行会と文藝春秋から同時に刊行されるなど、英国の上流社会や社交界を題材としたコンテンツは、需要が高まりました。メイド喫茶や執事喫茶といったサービスにも根強い人気があります。
小学校の全校集会で「世界にひとつだけの花」を斉唱させられ、徒競走の順位づけ廃止で全員いっしょにゴール!させられたあなたの世代が、強制平等の息苦しさに耐えかねて
「身分社会万歳!」
みたいな感じになっているのでしょうか?
私たちが想像する英国の貴族文化というのは、大雑把に言って第1次世界大戦(1914-1918)以前のものです。その最後の輝きを知るリアル貴族の作家が貴族社会を書いた小説をご紹介します。

ヴィタ・サックヴィル=ウェスト(1892-1962)が1930年に書いた『エドワーディアンズ 英国貴族の日々』(村上リコ訳、河出書房新社)です。
私がヴィタ・サックヴィル=ウェストの名を知ったのは、18歳のころ地学の授業中にこっそりヴァージニア・ウルフの傑作『オーランドー』(1928、杉山洋子訳、のちちくま文庫)を読んでぶっ飛び、教室を飛び出しそうになった日のことです。自制しましたが、じっさい腰が浮きかけるところまではいきました。イタい子だったのであります。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク