review

ここは昭和88年なのだ。新宿花園神社見世物小屋のアブナイ悦楽

ここは昭和88年なのだ。新宿花園神社見世物小屋のアブナイ悦楽
花園神社の大酉祭にやってきた見世物小屋。真ん中に立っている金ピカ服のお姉さんの口上は「さあお立ち会いお立ち会い!」…ではなく「いらっしゃいませいらっしゃいませ!」
新宿・花園神社の大酉祭。境内に恒例の見世物小屋がやってくる。
二の酉前夜祭の11月14日。七時すぎに花園神社に向かうと、明らかに奇妙な雰囲気の一角がある。
見世物小屋の入口には幕がかかっている。中の様子は、隙間から見える観客の表情と、漏れて聞こえる声からしかわからない。「……埼玉県の山中で捕獲された蛇女……」「……串を刺しているー!……」超気になる! どんどん観客は中に入っていく。その度に鳴らされるドラ。

小屋の中は超満員。観客の中には制服を着た女子高生やベビーカーで幼児を連れた家族連れの姿もある。見世物小屋は入るのはタダだが、出るときに料金を払う。演目はぐるぐる順番に行われるので、一周したらお金を払って出て行くシステムだ。小さめの教室くらいの大きさの小屋に、人が入れ替わり立ち替わり。
川口弘っぽい格好をした司会が「次は逃げ遅れた病気老人の登場だー!」と煽る。照明が落ち、ビカビカ点滅するライトが当てられる中で、逃げ遅れた病気老人、通称病気マンが登場した!
病気老人はその名のとおりめっちゃ病気の老人で、ありとあらゆる内臓系の病気にかかったために臓器が穴だらけ。余命いくばくもないらしい。なるほど髪もまだらにハゲているし肌に発疹が出まくっている(でもちょっとそれ、マジックで描いたっぽくないか?)。
司会が「元気ですかー!?」と聞く。「元気………じゃ、なーい!!」叫ぶ病気老人。そのあとに内臓穴だらけの特性を生かした(?)芸を見せてくれたのだが、それについては伏せておこう。ちなみに最後まで、「どこから逃げ遅れたのか」が明らかになることはなかった。

あわせて読みたい

  • 「切腹女子高生」からもう一度「会田誠展 天才でごめんなさい」

    「切腹女子高生」からもう一度「会田誠展 天才でごめんなさい」

  • 「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」監督・幾原邦彦の片思い。寺山修司の奇跡「革命になる音楽」レポ

    「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」監督・幾原邦彦の片思い。寺山修司の奇跡「革命になる音楽」レポ

  • 「少女革命ウテナ」も「輪るピングドラム」も寺山修司から  J・A・シーザー×幾原邦彦トークショーレポ

    「少女革命ウテナ」も「輪るピングドラム」も寺山修司から J・A・シーザー×幾原邦彦トークショーレポ

  • レビューの記事をもっと見る 2013年11月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。