bit

おもしろトイカメラの専門店、都内にオープン

おもしろトイカメラの専門店、都内にオープン
おもしろトイカメラを小売展開する専門店「BONZ SHOP」(GLOBAL・DC直営店)
12月2日。東京・文京区湯島に、縦長でレンズが2個付いたカメラ、手のひらサイズのカメラなどユニークなトイカメラの専門店「BONZ SHOP」(GLOBAL・DC直営店)が開店した。 その他、カメラアクセサリの販売、プリントサービスなども行うという。さっそく同店を訪れ、レポートすることにした。

取材の日は秋葉原に用事があったため、最寄りのJR御茶ノ水駅ではなく、秋葉原から徒歩で向かった。だが、それほど遠くなく、十分歩いていける距離。通りからちょっと奥まったところにあるので、場所が分かりづらいかも知れない。店の構えは町の写真屋さんという感じで、ドアを開けるとすぐカウンターがあり、両サイドにたくさんのカメラ製品やプリントがところ狭しと並ぶ。

オープンセールということで、たとえば、「BONZART AMPEL」が通常1万4700円が半額の7350円、「BONZART LIT」(通常2980円)が2086円といったように大幅割引で売られていた。また、特別セールではないがSDカードも安い。4Gクラス10(1000円)、8Gクラス10(1200円)など。さらに、昔懐かしい感じになってしまった写真フィルムパックも売られており、35mm ISO400(通常980円)がセール価格686円、同ISO400白黒(同1780円)が同1246円など。

デジタルプリントサービスはインクジェットではなく、現像液を使った銀塩写真プリントで、Lサイズ一枚15円から、KGサイズ35円からとなっている。中で珍しかったのがスクエアサイズ判があったこと。20円からプリントしてくれる。インクジェットプリントとはちがった銀塩プリントならではの仕上がりで、作品として、またプレゼントとして利用するのもいいだろう。画像データとして保存するのではなく、こうしたプリントの形にしておくのも楽しい。

あわせて読みたい

  • 闇に強い!! 手のひらサイズのカメラ

    闇に強い!! 手のひらサイズのカメラ

  • 「ハイチーズ!」から生まれたデジカメ

    「ハイチーズ!」から生まれたデジカメ

  • 2つレンズが付いた縦長カメラを試してみた

    2つレンズが付いた縦長カメラを試してみた

  • モノクロ写真でデジタルとアナログ比較

    モノクロ写真でデジタルとアナログ比較

  • コネタの記事をもっと見る 2013年12月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース