bit

舞台で自転車!? 『弱虫ペダル』の斬新かつ大胆な挑戦

舞台で自転車!? 『弱虫ペダル』の斬新かつ大胆な挑戦
「舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇The Second Order」は、3月13日より東京、埼玉、大阪にて順次、計17公演を予定。<br />(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008<br />(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラスAQL、ディー・バイ・エル・クリエイション、イープラス
『週刊少年チャンピオン』連載中で、現在アニメ放送中の『弱虫ペダル』。

気弱でアニメオタクの主人公が、ママチャリで毎週千葉から秋葉原まで通っているうちに、「自転車」の才能を見出され、自転車競技部で才能を開花させていくというストーリーだ。

人気漫画ということは知っていたが、個人的にその面白さを知ったのは、アニメ放送から。しかも、この作品、実はアニメより先に舞台化されていて、すでに2シーズン終了&DVD化もされていることを最近知った。舞台で自転車って、どうやって表現するのか。実際にDVDを観てみたところ、そこには想像を絶する世界が繰り広げられていた。

まず気になった、自転車のレースシーンの表現。固定自転車にまたがり、スクリーンで背景を高速で流していくようなものをイメージしていたが、実際に登場したのは、「ハンドルだけを握った人たち」。主人公は、ママチャリのカゴがついたハンドルを持っている。スクリーンの映像などは一切使用せずに、出演者たちはみんな中腰&その場で足踏みし、「疾走」感を表現しているのだ。

最初はギャグかと思った。でも、これが不思議と途中から違和感なく、それどころか、かなりの迫力に見えてくる。この姿勢・動きだけでもかなりハードだろうに、ごく少人数の出演者で、一人何役も演じたり、黒子もやったりしている。

しかも、セットは「段差」「スロープ」「宙に釣った自転車」だけ。「集団」の中でも一人一人のペダリングが違ったり、追い抜いたり追い抜かれたり、回送車に乗った先輩たちは、ハンドルを握る運転席の傍らで微妙に身体を揺らして表現したりと、非常に芸が細かい。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年12月24日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース