bit

ガラス張りの“スモークトイレ”の意義、そして風評への憤りについて商店街に聞いてみた

ガラス張りの“スモークトイレ”の意義、そして風評への憤りについて商店街に聞いてみた
ガラス張りのトイレは、中が見えなくなってるので大丈夫。風評に負けない!
皆さん、大分市「若草通り商店街」に設置された「スモークde あんしんトイレ」(通称“スモークトイレ”)をご存じでしょうか?
国の商店街まちづくり事業に応募し、450万円をかけて完成したこのトイレ。商店街のど真ん中に設置されたにもかかわらず、ガラス張りだそうなんです。
すごいトイレだな……と思いきや、もちろんそのままじゃありません! 人が中に入るとセンサーが感知し、ガラスがスモーク状に変化。内部は見えなくなるので安心してご利用いただきたい、そんなトイレになっております。

このような斬新過ぎるトイレを製作・設置したきっかけは何だったのか? 同商店街・協同組合の榊原副理事長に伺いました。
「夜のにぎわいを大分に創出したいと考えました。でも、大分の中心部に公衆トイレは少ないんですね。トイレを作らないと“屋台街”が作れません」
というわけで、まずは「トイレ」の設置を思い付く。でも、ただ単に普通のトイレを作ってもつまらない。組合内でアイデアを募るも、なかなか斬新な案は出て来ませんでした。

そこで一つの参考になったのは、ヨーロッパにて普及しているトイレ。こちらは自分でスイッチをオン・オフすることでガラスが曇ったり透明になったりするものだそうです。
「ただこれだと、中でトラブルにあった場合、気が付かないんですよ。そこで、新技術を活用しました」(榊原副理事長)
大分県内某企業が特許を持つ“新技術”を活用し、「スモークde あんしんトイレ」が完成! 仕組みとしては、「電流が流れると透明になるガラス」だとお考えください。元の状態が“曇りガラス”になっており、人が退室することで電源がオン。35秒後に透明となります。

あわせて読みたい

  • シカゴで開催された「トイレ・レボリューションイベント」とは

    シカゴで開催された「トイレ・レボリューションイベント」とは

  • お酒を飲んでトイレが近くなる日と、ならない日

    お酒を飲んでトイレが近くなる日と、ならない日

  • コネタの記事をもっと見る 2014年4月12日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら