bit

当初馬車で通る予定だった!? 20周年を迎えた英仏海峡トンネル

当初馬車で通る予定だった!? 20周年を迎えた英仏海峡トンネル
ロンドン側の発着駅セント・パンクラス
英仏海峡を結ぶユーロトンネルが、今月で開業から20年を迎えた。同トンネルは、米エンパイア・ステートビル、ブラジル・パラグアイ国境のイタイプダム、カナダ・トロントのCNタワー、パナマ運河、オランダの北海デルタ計画(治水工事)、米サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジと並び、米土木学会が選ぶ「現代の七不思議」の1つに数えられているという。トンネル開業20周年を機会に、ユーロトンネルのコネタを集めてみた。

■列車ではなく馬で渡る予定だった? 
英仏海峡の下にトンネルを通す計画が持ち上がったのは、じつは約200年前の1802年。仏エンジニア、アルベール・マチューが英仏海峡にトンネルを作ることを提案した。オイルランプの灯りと馬車、海峡中央部に人口島を造成し、そこで馬を取り換えつつトンネル内を渡るという案だった。

その後もトンネル計画は持ち上がったり、採掘が行われたりしたが、現在のトンネルの工事は1988年に始まり、6年の歳月を要して1994年に開業した。工事には日本企業も参加した。英テレグラフ紙によれば、建設費用は当時46億5000万ポンド(約8000億円)かかり、現在の価値で120億ポンド(約2兆円)だそうだ。

陸上部分を含めた全長は50.45kmで、青函トンネル(53.85km)に次ぐ世界第2位の長さを誇る海底トンネルだ。海底部のみ比べると青函トンネルの23.3kmより長く、37.9kmで世界最長となる。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2014年5月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース