bit

パリに行ったら、ワインよりもビールを飲むべき理由

       
フランスという言葉から「ビール」を想像する人は少ないだろう。もちろん隣にはビール大国ベルギーやドイツ、イギリスがあるし、それら生産国のビールをそろえる店は(特にパリでは)以前から存在した。しかし、ごく普通のカフェでは、ビールといえばハイネケンやフランス東部アルザスのクローナンブール社の製品など、銘柄は決まっていた。

そんなワインのイメージがあるパリで、ビールが注目度を高めている。第1回パリ・ビア・ウィークも今年5月末から6月かけて開かれたほか、市内でクラフトビールを豊富に扱うバーが増えてきたのだ。さらにミクロ・ブラッスリーと呼ばれる小規模醸造所がいくつかでき、パリの地ビールは注目されつつある。今パリでビールは、どのように盛り上がっているのだろうか? 
パリに行ったら、ワインよりもビールを飲むべき理由

パリにおけるミクロ・ブラッスリーの先駆けは、2012年に操業を始めたブラッスリー・ド・ラ・グットドールだ。市内18区、北アフリカ系やインド系移民が多く住むバルベス地区の、エキゾチックなレストランや食料品店が連なる通りに、醸造所を構えている。販売するビールは、IPA(インディア・ペール・エール)、ブロンド、アンバーなど5種類。デーツや香辛料などの風味を感じさせる、醸造所がある地区を意識した味わいだ。

20区にあるブラッスリー・ラ・バレーヌも、同様にミクロ・ブラッスリーの1つである。醸造所は団地が立ち並ぶ住宅街の地上階にあり、注意していないと見落としてしまうほどだ。ラ・バレーヌのビールはアンバー、ブラウン、白、ブロンドの4種類。独自のレシピで選ばれた厳選したホップ、酵母、ハーブ、スパイスを混ぜ合わせ、オーセンティック、新鮮、そして自然の風味を感じる味わいに仕上がっている。同所を営むブルーノ・トーレスさんは、写真家から醸造家に転身した異色の経歴の持ち主だ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月18日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。