review

超合金ロボにもなった太陽の塔、どこまでキャラ化するのか

超合金ロボにもなった太陽の塔、どこまでキャラ化するのか
角川マガジンズ編集『太陽の塔Walker』(KADOKAWA)<br />9月に発売された「太陽の塔のロボ」の解説のほか、さまざまなアーティストとのコラボ作品を収録。ヤノベケンジや青木俊直によるマンガも楽しい。
1970年の日本万国博覧会(大阪万博)のシンボルとして画家の岡本太郎が手がけた、あの「太陽の塔」がバンダイから超合金ロボとなる――! このことは今年5月に情報が解禁されて以来話題となっていたが、ついに9月に商品として発売された。それにあわせて『太陽の塔Walker』という本も出版されている。本書のカバーのそでには「この本には、太陽の塔しか出てきません」とあるのだが、その文句に偽りはない。ページを開けば、太陽の塔ロボの解説やら、クリエイターたちが太陽の塔を語ったり描いたり、さらには万博開催当時から現在にいたるまでの太陽の塔にまつわる作品、グッズの紹介まで、まさに太陽の塔のフルコースだ。

「太陽の塔のロボ」をデザインしたのは、野中剛というバンダイ出身のクリエイターである。1966年生まれの野中いわく、太陽の塔に手足をつけたいという妄想は多くの同世代人が考えることだという。実際、岡本太郎記念館美術館の平野暁臣(1959年生まれ)も、太陽の塔に足がついていないのが不満だったと語っている。それというのも、彼らは太陽の塔に怪獣的、特撮的なものを感じたからだった。1958年生まれのみうらじゅんもまた、太陽の塔を見てまず「ウルトラマンのエレキングだ!」と思ったという。

そんなわけで、太陽の塔のロボも《特撮モノ的な印象を持たせたかったので、着ぐるみにも転化しやすい全体のフォルムを持ちつつ、今時のCGモデルでも見ごたえのあるようなハードディテールの仕上げを目指した》という。実際、写真を見ただけでも、細部にわたるまでメカニックの部分がリアルにつくられているのがわかる。手足が出てくるばかりでなく、首が二つに開き、そこから現れたフレームを自在に動かすことができる。このことで、てっぺんに乗った黄金の顔から全方向に攻撃が可能だ。……いや、実際のロボの黄金の顔から光線が発射されるわけではないようだけれども。しかしそこまでイメージをふくらませ、形にしたというのはやっぱりすごい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出版」のニュース

次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。