review

「書くことが仕事になればなあ」文学青年とトカゲのステキ同居生活『アルタッドに捧ぐ』

「書くことが仕事になればなあ」文学青年とトカゲのステキ同居生活『アルタッドに捧ぐ』
『アルタッドに捧ぐ』金子薫/河出書房新社
先日、李龍徳(イ・ヨンドク)の文藝賞受賞作『死にたくなったら電話して』(河出書房新社)についてここでご紹介したが、こちらの金子薫『アルタッドに捧ぐ』(同)も、同じ回の文藝賞受賞作だ。

主人公の本間は、小説を書いている。主人公はエニマリオ族の少年モイパラシアだ。
ところが、本間の書きかけの小説の主人公モイパラシアは、作者・本間のあずかり知らぬ形で、ソナスィクセム砂漠の南西部で貨物列車に轢かれて死んでしまうのだ。自殺だと思われる。

〈原稿用紙の上には、列車によって切断されたと思われる少年の左腕が、無造作に投げ出されていた。切断面からは黒インクが血液の如く流れ続けており、もはや執筆など続けられる状態ではなかった〉。

パソコンではなく手書き原稿という設定ならではの印象的なヴィジョンだ。こうやってこの小説は冒頭で、読んでいる僕を作中世界に引きずりこんだ。

それにしてもモイパラシアがアロポポルの世話を放棄して死ぬとは。

アロポポル(セツア語で「石柱」)はソナスィクセム砂漠原産の、幻覚成分を含むサボテンで、エニマリオ族は白人の濫獲からこの種を守るために闘っている。
本間はモイパラシアの腕を原稿用紙に包んで庭に埋めるが、その直前に原稿用紙に体長20センチほどのソナスィクセムハナトカゲの幼体がいるのを見つける。
アルタッドだ。モイパラシアが名づけて飼っていた。本間は〈「アルタッド、よく出てきたなあ」〉と声をかけた。その晩本間は、夢でモイパラシアに会い、アルタッドの世話を任せられ、アロポポルの苗を渡される。一か月後、庭の腕を埋めたあたりからアロポポルが生えてくる……。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年11月28日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら