review

「君よりはやくは死ねない」「嘘ついたね」ミュージシャンと漫画家夫婦の闘病マンガ

今月1日発売のBE・LOVE8号から『はっちゃん、またね 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1092日』の連載が始まった。作者は『ぐるぐるポンちゃん』や『オセロ』で知られる少女漫画家の池沢理美さん。“はっちゃん”こと、夫の加賀八郎さんは、ジャニーズ事務所に所属していたロックバンドTHE GOOD-BYEのベーシストだ。加賀さんは2010年に多発性骨髄腫であることを告白。2013年7月2日に亡くなっている。今作は池沢さんが匿名で書き続けた「夫が多発性骨髄腫になりました」というブログをベースにしたエッセイコミック。
加賀さんの眠る祐天寺で、池沢さんに話をうかがった。
「君よりはやくは死ねない」「嘘ついたね」ミュージシャンと漫画家夫婦の闘病マンガ
『はっちゃん、またね 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1092日』(池沢理美/講談社)

◆診察室が暗く感じた

──第1話は、医師の告知シーンが印象的でした。ブログでは「医師の言葉はクールで怖いです」と書かれていましたよね。
池沢 突然「多発性骨髄腫です」「生存は24か月から36か月です」と言われ、とにかく動揺してしまいました。「ちょっと待って ちょっと待って ちょっと待って」って。「はい はい」って聞きながら、頭の中は「まさか」という思いがぐるぐるとまわっていました。蛍光灯が一個くらいしかついていないんじゃないかというくらい診察室が暗く感じたのを覚えています。後日行きましたが全然そんなことなくて驚きました。
──その日、病院から自宅に戻るまでのことを覚えていますか?
池沢 はっきり覚えています。車をとりに行った時はすでに夜遅くて病院も終わっていました。長時間止めていたので「駐車場代、高!」って思ったんです。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2015年4月15日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース