review

いよいよ本日発表「笑点」司会者をまるっと予想してみた

いよいよきょう5月22日放送の「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」(日本テレビ系、夕方5時半~)をもって、番組開始から50年間レギュラー出演し続け、この10年は司会を務めてきた桂歌丸が番組を勇退、新たな司会者が発表される。
いよいよ本日発表「笑点」司会者をまるっと予想してみた
笹山敬輔『昭和芸人 七人の最期』(文春文庫)。榎本健一や古川ロッパなど昭和を代表する芸人たちの後半生に迫った新刊。巻末には「最後の喜劇人」伊東四朗のインタビューを収録。早世したかつての仲間で、「笑点」の司会も務めた三波伸介との思い出も語られている

はたして「笑点」の次の司会者は誰なのか。これについてはすでにあちこちで下馬評があがっている。エキレビ!でも、井上マサキさんとイラストの小西りえこさんが何人か候補を予想していた。井上さんの記事は、現在の大喜利メンバーでは最年少の林家たい平(51歳)よりも年下、「U-50」に絞っての予想(本人いわく「妄想」)だったが、それに対して私は大御所を中心に候補をあげながら、どの程度現実性があるか考えてみたい。

「本流」「本家」「インテリ系」「喜劇系」……新司会者に選ばれるのはどの系統?


「笑点」の司会は、ワンポイントリリーフ、ピンチヒッター的な出演をのぞけば、1966年5月の放送開始以来、現在までに桂歌丸を含め5人が務めてきた。

初代司会者は、前身番組「金曜寄席」から引き続き務めた落語家の立川談志。このあと1969年11月からはタレントの前田武彦に代わったが、1年あまりでコメディアンの三波伸介(初代)に交替する。三波は10年以上にわたり司会を務め、お茶の間に親しまれながらも、1982年12月に52歳で急逝してしまう。翌83年の正月特番で俳優・タレントの愛川欽也が大喜利レギュラーの林家こん平と司会を務めたのを挟み、翌週より三遊亭圓楽(五代目)が新たに司会の座に就く。番組開始当初のレギュラーの一人だった先代圓楽だが、高座に専念するため「笑点」からしばらく離れており、これがじつに14年ぶりの復帰となった(この間、1977年には弟子の楽太郎=現・圓楽がレギュラー陣に入っている)。以後、2006年に病気で降板するまで23年間、司会を務めた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。