人は時々、無性に懐かしい映画が観たくなる。そう言えば、昔あんな映画が好きだったんだよなあ……と不意に思い出すキネマ懺悔。
先日も大ヒット中の『シン・ゴジラ』を劇場で観賞した直後、ある映画を観たくなった。『シン・ゴジラ』を手掛けた庵野秀明総監督の初実写監督作品『ラブ&ポップ』だ。
18年前の1998年1月に公開された本作は、女子高生の援助交際を題材とした村上龍の原作小説(『ラブ&ポップ トパーズ2』として96年発表)を映画化。庵野は初めて村上に会った時、映画に対する情熱や愛を語ることなく「デジタルビデオで撮影して、オールロケの低予算でできます」と淡々と企画提案をしてOKを貰ったという。

仲間由紀恵も出演 庵野秀明監督の『ラブ&ポップ』


98年の庵野秀明といえば、前年に劇場版が公開されたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』で時代の寵児として君臨し、村上龍も『イン ザ・ミソスープ』や『オーディション』といった傑作小説を連発していた時期である。当時、庵野の出身校(といっても途中退学)の大阪芸術大学映像学科は、エヴァ効果で多くのアニメーター志望の受験者が殺到。公開直後の渋谷PARCO SPACE PART3は、『ラブ&ポップ』目当ての客でほぼ満席だった記憶がある。

渋谷を舞台にした本作の主演は、600名の中からオーディションで選ばれた三輪明日美、希良梨、工藤浩乃、仲間由紀恵の4名。「1997年7月19日、トパーズの指輪を手に入れようとする女子高生・吉井裕美(三輪明日美)が援助交際を通し様々な大人たちと出会う1日を追う」というシンプルなプロットだが、今観るとその内容は強烈だ。