bit

ポケモンに飲み込まれた人口35人の村、ベルギー・ポケモンGOの聖地リロへ行ってみた

       
ポケモンGOがベルギーの村人の生活を一変させた。『フランダースの犬』の舞台として有名な町アントワープ。そこから北西へ約20キロ行った先、北海につながるスヘルデ河口域の一角に、リロという住民が35人しかいない小さな村がある。かつては砦だった場所で、函館の五稜郭のような星型をした軍事拠点の壁内が、村になった場所だ。

ポケモンに飲み込まれた人口35人の村、ベルギー・ポケモンGOの聖地リロへ行ってみた


アントワープに至る港の守りの要だったリロ砦も、時を経て静かな集落になっていた。ところがポケモンGOのリリースが村人たちの生活を変えた。村内でレアポケモンが出るという噂が広まったのだ。平穏な村が一変、村外から訪れる大勢のポケモントレーナーたちであふれることになった。村内にある短いメインストリートは、今やスマホ片手の人々でごった返しているという。

本当にそんなにすごい状況なのか? 確かめるべくベルギーにおけるポケモンGOの聖地リロへ行ってみた。

ポケモンに飲み込まれた人口35人の村、ベルギー・ポケモンGOの聖地リロへ行ってみた


村までは電車やバスが通っていない


アントワープからリロまではバスや電車など公共交通機関がない。車か自転車か徒歩だ。最初アントワープからレンタカー利用も考えたが、小さな村の駐車場がポケモントレーナーたちの車で満車になっているという情報もあったため、レンタサイクルで向かうことにした。グーグルマップで目的地を設定するとアントワープ中央駅からは約1時間。山道でもないし、ママチャリでも頑張れる距離だ(そして内心、行程を甘く見ていた)。

リロはアントワープを中心とする港湾地域の一部にあり、村まではひたすら平地が続く。ところが走り出してみると、坂はないものの海沿いのため風が強い。向かい風になると当然ながらペダルが途端に重くなる。また30度を超える気温と快晴というコンディションに加えて、埋立地が延々続くため日陰がない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ポケモンに飲み込まれた人口35人の村、ベルギー・ポケモンGOの聖地リロへ行ってみた」の みんなの反応 3
  • 通報

    那覇山名浜子もはや名古屋はまたや生な

    6
  • まじゅんこ 通報

    うんこ

    4
  • 引退トレーナー 通報

    みんな暇だニャ!

    3
この記事にコメントする

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月4日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。