ここ数年、イロモノ系アイドルグループが人気となっている。アイドルとメタルを融合させたBABYMETAL、美少女2人と「女装ヒゲもじゃプロレスラー」の3人組・LADYBABYなど、超個性的な特徴と実力を兼ね備えたグループがファンを増やしている。

そんなマニア好みなアイドルグループの元祖ともいえるのが、1999年に『ASAYAN』(テレビ東京系)のオーディションからつんくプロデュースでデビューした4人組、太陽とシスコムーン(2000年、T&Cボンバーに改名。同年に解散)だ。
『ASAYAN』オーディションからつんくプロデュースでデビューした点はモーニング娘。とも共通している。しかし太陽とシスコムーンは、あまりにもメンバーひとりひとりの個性が際立ちすぎているのだ。

太陽とシスコムーンのメンバーたち


まずはその濃ゆいメンバー構成からみていこう。

■信田美穂
元ソウルオリンピック体操日本代表。バク宙などを取り入れたアクロバティックなダンスは一流。ただし腰に腰椎分離すべり症という爆弾を抱えている。

■小湊美和
民謡小湊流家元。3歳で初舞台を踏み、各地の民謡コンテストで優勝経験のある歌唱のスペシャリスト。ルックスも正統派美人。ただし既婚者。2児の母。

■RuRu(ルル)
中国遼寧省瀋陽市出身の中国人歌手。オーディション時点で日本での芸能活動歴が6年間あったが、日常会話でも歌でも中国語なまりが抜けない。

■稲葉貴子
アイドルグループ・大阪パフォーマンスドールの元メンバー。吉本興業所属。ディープな関西弁でトークを繰り広げ、『ASAYAN』MCのナインティナインを「兄さん」と呼ぶことがある。