90s

安達祐実と井戸田潤の「できちゃった婚」を振り返る

明石家さんまをはじめとして、離婚を定番ネタにして笑いをとるお笑い芸人はいまや枚挙にいとまがない。2005年に女優・安達祐実と結婚し、4年後に離婚したスピードワゴンの井戸田潤もその一人。
二人の結婚は1994年、安達祐実が24歳になったのを機とする「できちゃた婚」だった。しかし、その約4年後、二人は離婚してしまう。

井戸田は現在、バツイチお笑い芸人の代表格の一人。一方で安達のほうは、成熟した女性の色香も生まれ、いまや日本を代表するベテラン女優の一人としての貫禄さえみせている。

安達祐実、突然の婚約発表


1994年に放送されていた連続テレビドラマ「家なき子」(日本テレビ系)に出演した際は、過酷な家庭環境にあっても力強く生きる小学生を演じた安達祐実。同作品では劇中の安達のセリフ「同情するなら金をくれ」が社会現象になり、その年の新語・流行語大賞に選ばれた。

安達はその後も女優業で活躍する一方、2005年には20歳年上のアメリカ国籍の俳優・黒田アーサーと交際。一人の女性として、公私ともに充実した生活を送っていた。しかしまもなく黒田とは破局したことが報道された。
安達とお笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤(当時32)が、突然、婚約発表をしたのは、黒田との破局が伝えられわずか半年後のこと。一連の劇的な恋愛劇に、「あの子」がヨメに行くような年齢になったか……という感慨深けな反応も少なからずあったようだ。

正攻法でアプローチした井戸田潤


あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月7日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。