review

「海月姫」4話。芳根京子がクラゲドレスを仕立てる…べっぴんさんや!瀬戸康史は女と男を行き来…最高や!

月曜 よる9時「海月姫」
3話ラストで千絵子(富山えり子)とジジ様(木南晴夏)に「男では?」と疑われた蔵之介(瀬戸康史)。
とっさについた嘘「女性なのに男として育てられた」が「ベルばら」のオスカルのようだと千絵子たちの気持ちをがっちり掴む。(オスカルというよりは「うる星やつら」の藤波竜之介っぽい気もするが…)
千絵子「これからは蔵子(=蔵之介)を正式に尼~ずの一員として受け入れることにしました!」
「海月姫」4話。芳根京子がクラゲドレスを仕立てる…べっぴんさんや!瀬戸康史は女と男を行き来…最高や!
イラスト/まつもとりえこ

クラゲのドレス、初仕事ゲット!


蔵之介の後輩、琴音(最上もが)のツテで クラゲのドレスがミュージックビデオの衣装に採用されることになった。
始めは乗り気ではなかったばんばさん(松井玲奈)まやや(内田理央)もやがて一致団結。
月海(芳根京子)もオタクならでは異常な集中力を発揮し、10着ものドレスを3日で完成させる。
MV撮影でおしゃれな女の子たちがドレスを着ているのを見て月海は目を潤ませるのだった。
「海月姫」4話。芳根京子がクラゲドレスを仕立てる…べっぴんさんや!瀬戸康史は女と男を行き来…最高や!
イラスト/まつもとりえこ

蔵之介の過去


「なんでドレスを作ろうと…?」
月海からの問いに「うちの母さん舞台女優だったんだよ」「きれいなドレスを着ている母さんが好きだった」と蔵之介は過去を語りだす。
蔵之介は愛人の子で、弟の修とは腹違い。政治家の跡取りとして引き取ったのだという。
原作ではギャル化したりして可愛らしく描かれているお父様(北大路欣也)だがやってることは結構えぐい。
こういう事情を思うと自由に生きようともがく蔵之介、女装していようが親のスネかじってようが健全な気がする。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年2月12日のレビュー記事
「「海月姫」4話。芳根京子がクラゲドレスを仕立てる…べっぴんさんや!瀬戸康史は女と男を行き来…最高や!」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    べっぴんさんに似てるって、 エキレビでレビューを書いていた木俣冬さんがオンエアの時にTweetしてましたね

    4
  • 匿名さん 通報

    べっぴんさんと、重なってるか、そう言われてみればそうでしたね。

    3
  • 匿名さん 通報

    >映画からこぼれ落ちた部分(今夜5話にノムさん(安達祐実)が登場する)  楽しみです。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海月姫

海月姫

「海月姫」は東村アキコによる人気コミックを映像化したフジテレビ系月9ドラマ。芳根京子演じるオタク女子であり主人公・倉下月海と、瀬戸康史演じる女装美男子・鯉淵蔵之介のファッションをテーマにしたシュールなラブコメディ。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース