review

松本潤「99.9−刑事専門弁護士−」改心を迫られた「悪瓶」が選ぶのは出世欲か正義か

昨日(3月18日)に最終回を迎えた『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』(TBS系)。

今回のテーマは、死刑囚の「再審請求」。依頼人は被告人の息子。深山大翔(松本潤)は、明らかに自分の父親と重ね合わせて見ている。
松本潤「99.9−刑事専門弁護士−」改心を迫られた「悪瓶」が選ぶのは出世欲か正義か
イラスト/まつもとりえこ

最終話あらすじ


斑目法律事務所へ久世亮平(中島裕翔)と祖母・トキ子(茅島成美)が弁護の依頼にやってきた。依頼内容は、亮平の父であり被告人の久世貴弘(小林隆)が既に死刑判決を受けている「8年前の建造物放火及び殺人事件」。被害者は亮平の母であり、貴弘の妻の直美(竹内都子)だ。亮平とトキ子は、貴弘の犯行だとはどうしても思えないという。

この依頼を受けることは、再審請求が必要になることを意味する。再審請求はいわば“開かずの扉”。戦後70年の中で死刑または無期懲役の判決が出た後、再審請求が通り無罪を勝ち取ったのはわずかに9件しかない極めて困難な事例だ。

鶴瓶が組織を重んじる「ええ判決」をするようになった理由


過去の裁判記録をもとに調べを進める中ある矛盾に気付き、再審請求を行う弁護団。だが、裁判官・川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)は、再審請求をなかなか通そうとしない。そして、深山たちに無理難題を押し付けるのだ。

とは言え、川上は再審請求を即座に棄却したわけではない。その理由について、川上の部下の遠藤啓介(甲本雅裕)はこう説明する。
「即座に棄却しても、また何かしらの難癖をつけてくるだろう。そこで川上さんは、極めて難しい無理難題を弁護側に押し付けた。もし証明できなければ、それは弁護側の責任だ」...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年3月19日のレビュー記事
「松本潤「99.9−刑事専門弁護士−」改心を迫られた「悪瓶」が選ぶのは出世欲か正義か」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    木村さん演じる舞子よかった。やりすぎは多くあったけど作品全体楽しめた。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

99.9−刑事専門弁護士−

99.9−刑事専門弁護士−

嵐の松本潤が主演をつとめるドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』のレビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース