review

最終回「コンフィデンスマンJP」ラスト10分の奇跡、時系列ドンデン返し決まった

「じゃあ 何が嘘だ!? えっ? 何が本当なんだ~!?」

そんな叫び声とともに、長澤まさみ主演、古沢良太脚本の『コンフィデンスマンJP』が最終回を迎えた。ツイッターのタイムラインは「すっかり騙された!」「最っ高!」「終わり方に鳥肌」など、絶賛の嵐! いったい何が起こったのか? あらためて振り返ってみよう。
最終回「コンフィデンスマンJP」ラスト10分の奇跡、時系列ドンデン返し決まった
イラスト/まつもとりえこ

ダー子大ピンチ! 本名とプロフィールが明らかに!?


コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、ボクちゃん(東出昌大)は足を洗うよう忠告して出ていってしまう。最終回のお話はそれから1年後、引っ越し業の現場でボクちゃんが鉢巻秀男(佐藤隆太)という男と出会うところから始まる。

結婚詐欺師に全財産奪われたという鉢巻に同情したボクちゃんは、ダー子が住んでいるホテルのスイートルームに鉢巻を連れてくるが、これが完全に罠! 本性を表した鉢巻は、屈強な部下たちを使ってダー子、リチャード、ボクちゃんを捕獲する。鉢巻の正体は、麻薬で荒稼ぎする孫秀男という中国マフィアだった。

父・孫秀波(麿赤兒)を騙して15億円を奪った犯人「子犬」を探していた秀男は、ダー子たちに狙いをつけて乗り込んできたのだ。ダー子たちの情報を売ったのは、なんと五十嵐(小手伸也)! しかも、秀男は3人の謎に包まれた過去を徹底的に調べ尽くしてきた……!

リチャードの本名は鎌田潔。元は優秀なセールスマンで、弁当屋で働く妻と娘がいた。ボクちゃんの本名は西崎直人。彼を「ボクちゃん」と呼んで甘やかし続けてきた母親・信江(戸田菜穂)は詐欺師で、今はスナックを経営している。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年6月12日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コンフィデンスマンJP

コンフィデンスマンJP

長澤まさみが主演を務める月9ドラマ。天才的な頭脳を持ち、難解な専門知識もすぐにマスターしてしまう主人公・ダー子と、お人よし詐欺師のボクちゃん(東出昌大)、スマートに相手を騙すリチャード(小日向文世)による痛快エンターテインメントコメディー。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース