bit

住民はすべて保護猫! 浮世絵世界で猫まみれになれる施設に行ってきた

住民はすべて保護猫! 浮世絵世界で猫まみれになれる施設に行ってきた

江戸をイメージした浮世絵世界で猫と過ごせるスポットが、この夏両国に登場した。浮世絵を使用して江戸の街並みを再現した空間で、自由気ままに歩き回る猫スタッフが出迎えてくれるというものだ。

その名も「江戸ねこ茶屋」


住民はすべて保護猫! 浮世絵世界で猫まみれになれる施設に行ってきた
両国駅西口を出て右手にある広場が両国駅広小路

「俺たち江戸ねこの町で、遊んでいきやがれぃ。」ということで「江戸ねこ茶屋」がオープンしたのは、両国駅西口から徒歩1分の場所にある両国駅広小路だ。
住民はすべて保護猫! 浮世絵世界で猫まみれになれる施設に行ってきた
浮世絵のような不思議な空間は、どこもかしこもフォトスポットに

このイベントのコンセプトは「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる」というもの。そのため、長屋をモチーフにして作られた室内は、江戸の町で生活する猫たちを眺めたり、写真を撮ることができるようにと浮世絵の他にも階段や通り道などを立体的に配置。お客さんも、猫住民たちの日常生活を一緒に体験することができるようになっている。
住民はすべて保護猫! 浮世絵世界で猫まみれになれる施設に行ってきた
江戸の街並みが再現された空間が広がっている

使われている浮世絵も全て猫ばかり。住民が全て猫という設定に基づいている。猫たちが快適に過ごせるように、高い位置にも通り道や、足元には隠れられる出入り口が作られている。猫住民たちは人間を怖がらずに遊びまわっているので、油断すると足元に子猫がいたりすることも。うっかり蹴ってしまわないように気を付けよう。
住民はすべて保護猫! 浮世絵世界で猫まみれになれる施設に行ってきた
ここは「ねこ湯」

のれんをくぐるとヒノキ造りの銭湯をイメージした空間になっている。通常、猫たちはお風呂も水も嫌いな子が多いが、ここのねこ湯は猫住民たちにも大人気。もちろんお湯は入っていないので、絶好の遊び場になっている。

あわせて読みたい

「住民はすべて保護猫! 浮世絵世界で猫まみれになれる施設に行ってきた」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    犬猫をいじめる人に神様が重い罰を与えますように。犬猫を助ける人に幸せが訪れますように!

    10
  • 匿名さん 通報

    犬は支那と朝鮮では焼肉になったり鍋になったりおいしい食べ物です。支那は猫も食べちゃいます。動物なら何でも食べます。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース