review

「ブラックペアン」9話ラスト、渡海はなんと言っていたのか、推理しながら今夜最終回待機

「大丈夫だ問題ない、俺が助けるから。そのあと、俺が殺す」。
佐伯教授(内野聖陽)の容体が急変して混乱する医局。それでも渡海(二宮和也)は至って冷静。「いまはまだ生かしてもらわないと困るんだよ」。心配しているのかと思いきや「佐伯を殺す」。医者が“殺す”とは……どういう意味か。
「ブラックペアン」9話ラスト、渡海はなんと言っていたのか、推理しながら今夜最終回待機
イラスト/まつもとりえこ

世良が土下座


佐伯教授を助けようと団結力をみせた医局。中でも世良(竹内涼真)が大活躍だった。
前例のないオペに戸惑う世良に、渡海は「あるかどうか聞きにいけよ。症例やら論文やら、日本一扱っているところに」とアドバイス。日本外科ジャーナルの池永編集長(加藤浩次)を訪ねた。

「お前はバカだろ?バカはバカなりに『じゃあどうすればいいですか?』って」
「言いたいこと言ってこい。ただ、バカなやつだと怒られて帰ってこい」
渡海の指示に従ったら、予想どおり編集長から「君はバカか!」と怒鳴られた。

呆れた様子の編集長に、「偉い人にインパクトファクターをあげて出世させるという、そういうお仕事にしか見えなくて…」。言葉を選ばない様子にハラハラしたけど、ここから体当たりした世良がかっこよかった。
「東城大では佐伯教授の命は教授のオペを待つ何千人という患者さんの命でもありますから。僕なんてなんの役にも立たないと思いますけど、それでも諦められないんです。目の前にある命を諦められないんです、だからそのためにできることを全部したいんです。僕も医者でありたいんです」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エキサイトレビューの記事をもっと見る 2018年6月24日のレビュー記事
「「ブラックペアン」9話ラスト、渡海はなんと言っていたのか、推理しながら今夜最終回待機」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    原作通りのオチなのか、それともオリジナル展開なのか?

    1
  • 名前(任意) 通報

    びっくりだニャ~!(100文字以内)

    1
  • 名前(任意) 通報

    びっくりだニャ~(100文字以内)

    1
  • 名前(任意) 通報

    びっくりだニャ~!(100文字以内)

    1
  • ま前(任意) 通報

    びっくりだにゃうあ^(1みじょいまい)

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ブラックペアン

ブラックペアン

嵐・二宮和也演じる孤高の天才外科医・渡海征司郎が主人公。傲慢な性格と言動から「オペ室の悪魔」とも言われている渡海が、最新医療機器の導入の影に隠された不正や過去をめぐり、大学病院と真っ向から立ち向かっていく様を描く。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース