review

東から西へ変な台風が進むなか一挙放送「バカボンのパパよりバカなパパ」4話・最終話を振り返ってみたのだ

普段は日本列島を西から東へ進むはずの台風が、東から西へ異例の進路をたどった先週末。観測史上初めての事態と聴いて、ふと「西から昇ったおひさまが東へ沈む」というアニメ「天才バカボン」の主題歌を思い出した(まったく同じことを東京新聞のコラムが書いていた)。

奇しくも、その常識はずれの台風の情報が伝えられるなか、NHK総合で「バカボンのパパよりバカなパパ」の第4話と最終話が一挙放送された。第2回の放送が地震報道のため1週延期となったため、今月中に終わらせるには、このような変則的な形での放送にせざるをえなかったのだろう。つくづく自然の猛威に振り回されたドラマであった。
東から西へ変な台風が進むなか一挙放送「バカボンのパパよりバカなパパ」4話・最終話を振り返ってみたのだ
最終回でその制作過程が描かれた点字マンガ『赤塚不二夫のさわる絵本 よ〜いどん!』(小学館)。著者の赤塚はこの本の印税を辞退し、その分を制作費に回すようにしたという

赤塚不二夫、「バカの人生は短いんだぞ」と娘を叱る


第4話では、赤塚(玉山鉄二)の一人娘のりえ子(森川葵)がバイト先の先輩の杉本(藤原季節)と結婚を前提につきあっていることがわかり、急遽、赤塚やりえ子の母・登茂子(長谷川京子)に紹介する席が設けられる。だが、前回描かれたとおり、りえ子はアートを学ぼうとイギリス留学を決意していた。当然、杉本もそれは了解済みで、一緒にイギリスに行くのだろうと思いきや、りえ子の返事はどうもはっきりしない。これに怒った赤塚は「本当にやりたいことをやってくれ。バカの人生は短いんだぞ」と叱りつける。ここからりえ子はいま一度、自分の行く道を考え直す。杉本は、いつでも待っていると言ってくれたが、彼女は結局それに甘えず、単身でイギリスへと旅立ったのだった。

あわせて読みたい

  • 噂のタモリも登場「バカボンのパパ」

    噂のタモリも登場「バカボンのパパ」

  • 「バカボン」赤塚不二夫視点で再検証

    「バカボン」赤塚不二夫視点で再検証

  • 「バカボンのパパよりバカなパパ」!

    「バカボンのパパよりバカなパパ」!

  • 赤塚不二夫は映像でどう描かれてきたか

    赤塚不二夫は映像でどう描かれてきたか

  • レビューの記事をもっと見る 2018年7月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    バカボンのパパよりバカなパパ

    バカボンのパパよりバカなパパ

    「バカボンのパパよりバカなパパ」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース