review

TIF2018を徹底的に振り返る。パンク、ゲリラ、覆面アイドル…間口の広さも日本最大

日本最大級のアイドルフェスティバルTOKYO IDOL FESTIVAL 2018(TIF)が、去る8月3日から5日までの3日間、東京のお台場・青海周辺エリアで開催された。
TIF2018を徹底的に振り返る。パンク、ゲリラ、覆面アイドル…間口の広さも日本最大
今年もSMILE GARDENでオープニングアクトを飾ったももいろクローバーZの佐々木彩夏

夏の恒例イベントとして定着したTIFも今年で9回目を迎え、参加するアイドルは207組1315名におよんだ。なかには、AKB48グループのように、国内6グループ(AKB本体からはTIF2018選抜、フレッシュ選抜、Team8が出演)およびタイのBNK48を一挙に送り込んできたところもある。そうした複数のグループが参加したファミリーのなかでも、今回とくに私が強い印象を受けたのが、BiSHをはじめとするWACKファミリーだ。

ファミリー内でのグループ同士の結束


BiSHは一昨年、昨年とTIFに出演し、いずれの出演時も代表曲「星の瞬く夜に」を6回立て続けに披露したが、今年は5回繰り返したあと、6曲目に意表を突いて「Buttocks beat!beat!」という曲を持ってきた。「お尻ペンペン!」という掛け声が強烈な同曲は、じつは所属事務所WACKの後輩のEMPiREの曲である。
TIF2018を徹底的に振り返る。パンク、ゲリラ、覆面アイドル…間口の広さも日本最大
激しくヘッドバンキングを決めるBiSH

面白かったのは、EMPiREのほうも、2日目のフジテレビ本社屋1階広場のDREAM STAGEで、持ち歌の「Buttocks beat!beat!」を4回繰り返したあと、BiSHの「星の瞬く夜に」を披露したことだ。まるでエールを交換するように、互いの曲をラストナンバーに選んだというわけである。なお、EMPiREは昨年デビューし、今年4月に初のフルアルバムをカセットテープオンリーでリリースしている。TIFへの出演は今年が初めてだった。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年8月9日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース