review

「西郷どん」30話。視聴率を崖っぷちに追い詰めた原因はなにか

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第30回「怪人 岩倉具視」8月12日(日)放送  演出:野田雄介

天下に反幕の狼煙を


29話で三度目の結婚した話にはまったくふれず、まるで別の話のように、一橋慶喜(松田翔太)と袂を分かった西郷吉之助(鈴木亮平)と“ヤモリ”こと岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が手を組んで幕府を倒そうとするスリリングな30話。
それがお盆休み中の日曜日だったこともあってか、視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)とこれまでの最低を記録してしまった。
笑福亭鶴瓶が煮ても焼いても食えない曲者の公家を軽妙に演じることで、深刻な話を深刻になり過ぎずに見せてよかったと思うのだが、それが逆に真面目な話なのにふざけているみたいな誤解を与えてしまったのだろうか。あまりにも笑福亭鶴瓶劇場になり過ぎたか。

鈴木亮平は「幕府は潰さにゃならん」と言うときの覚悟、大それたことを言っていることを自覚している感じもよくでていて、すごくがんばっていると思うのだが、突如現れたひとりの怪人に流れを一気に変えられてしまったのは、いい人というか上品過ぎるというか、人に気を使って譲ってしまうところがあるんじゃないか。
そこもこのドラマの西郷さんの良さなのだろうけれど。

そう。30話で最も印象に残ったのは、「いよいよ倒幕に向けて動き始めました」とナレーション(西田敏行)の言葉をはじめとして、
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西郷どん」に関する記事

「西郷どん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷どん」の記事

次に読みたい「西郷どん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

お買いものリンク